顎関節症の治療のためのスプリント

顎関節症の治療のためのスプリント

  • HOME
  • ブログ
  • 顎関節症の治療のためのスプリント

8月も酷暑で、当院の患者様の中にもダウン気味のかたもいらっしゃるようです。

まきひら歯科クリニックのスタッフは全員幸いなんとか元気にやっています。

今日も顎関節症のことを記載します。

当院で顎関節症を行う時に患者様の状態によっては

スプリントもしくはアプライアンスを作製し、

筋肉の緊張や下顎頭の位置などを調整します。

すべての顎関節症の患者様が適応ではありません。

スプリントは、

主にスタビライゼーションスプリントやリポジショニングスプリントと

呼ばれる種類のものを当院は利用します。患者様の状態によっては上顎ではなく

下顎の歯列を覆うスプリントを選択することもあります。

スプリントは長期に使用すると逆に痛みを惹起したり歯列不正を引き起こすこともあり

定期的な調整が必要となります。

当院は開院したばかりですが、私が大学病院で長く顎関節症の患者様の治療にあたっていたこともあり、

遠方から来院されている顎関節症の患者様もおられます。

顎関節症でお悩みのかたはお気軽にご相談ください。

 

福山市の福山駅から徒歩5分の歯医者—顎関節症のことなら

まきひら歯科クリニック

歯科、小児歯科、歯科口腔外科、審美歯科、訪問歯科

広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ウェブ予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/

診療時間:

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00 

土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30

休診日: 日祝日 木曜日午後