歯ぎしりとマウスガード

歯ぎしりとマウスガード

歯ぎしりとマウスガード

 

歯ぎしりに対するスプリントは

平成30年度の歯科保険(診療報酬)制度の改定によって、

顎関節症に対するスプリント(マウスガード)と同様に

口腔内装置としてまとめられました。

 

頻繁な歯ぎしりの症状がある場合には、

顎関節や歯に悪影響を及ぼすことがあります。

例えば、異常な咬耗や顎関節周囲の筋肉の痛みや疲労感などです。

ひどい場合は、口があきにくいなどの症状を訴える方もおられます。

頻繁な歯ぎしりをされている方または自覚されている方は、

早めに歯科医師に相談したほうがいいと思われます。

歯を歯ぎしりから守りましょう。

 

歯ぎしり用スプリント(マウスガード)は、歯を守り、

顎の周囲の筋肉の緊張、収縮度合いを軽減します。

歯の状態やかみ合わせの状態によって

スプリント(マウスガード)の種類は異なるため、

詳細は歯科医師に質問しましょう。

 

福山市の福山駅から徒歩5分の歯医者—歯ぎしり用マウスガードのことなら

まきひら歯科クリニック

歯科、小児歯科、歯科口腔外科、審美歯科、訪問歯科

入れ歯、顎関節症、歯ぎしり、歯周病、虫歯

広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ウェブ予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/

診療時間:

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00 

土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30

休診日: 日祝日 木曜日午後