入れ歯・入れ歯安定剤|福山市の歯医者・歯科 まきひら歯科クリニック|訪問歯科・在宅歯科

入れ歯・入れ歯安定剤

  • HOME
  • 入れ歯・入れ歯安定剤

入れ歯(義歯)について

入れ歯に関しては、現在、準備中です。申し訳ありません。

一般的な入れ歯(義歯)

保険 部分入れ歯の設計に制約があります。総入れ歯、部分入れ歯の主な材料は2種類の中から選べます。

自費 部分入れ歯の設計は自由に決められます。総入れ歯の材料の種類も選択できます。

ノンクラスプデンチャー(見た目のよい入れ歯)

保険 保険治療での提供はありません。

自費 設計は自由に決められますが、一部制約があります。支えとなる歯が重要です。

 

入れ歯安定剤について

入れ歯・入れ歯安定剤

歯科医院に通院できないなどの理由で粘着剤として入れ歯安定剤(義歯安定剤)を使用することがあると思います。また外出時など入れ歯が外れるとちょっと、という時には便利ですよね。この入れ歯安定剤には、いろいろな種類があります。クッションタイプ、クリームタイプ、粉末タイプなどそれぞれに長所と短所があります。使用するタイミングなど歯科医師に相談し利用するのがよいと思います。

クッションタイプ

入れ歯・入れ歯安定剤

クッションタイプを巧みに分厚く入れ歯の裏面に盛り、長い間使用すると、顎や歯茎に決していいとはいえません。しばらくの間の、いわゆる斬間的な義歯安定剤の使用はいいのですが、部分入れ歯への入れ歯安定剤の使用も、総入れ歯と同じように、やはりしばらくの間なら大丈夫かもしれません。お出かけの時にしっかりとくっつけておきたい場合には入れ歯安定剤は有効だと思います。長期使用にはむかないため、あまり合っていない入れ歯の時には、新しく作ったほうがいいと思います。物理的、身体的に歯科医院にいけない場合は、訪問歯科を利用することもできます。型取りや噛み合わせをとったりすることはご自宅で可能です。

クリームタイプ

入れ歯・入れ歯安定剤

クリームタイプは、顎の位置などに大きな変化を与えることがないため、入れ歯が合わないけど、どうしても歯科医院に行くことができない、そんな時は、義歯安定剤の中では、クリームタイプを使用するのがよいと言われています。もちろん、制約がなくなれば、早めに歯科医院を受診し、入れ歯を調整してもらった方がよいと思います。クリームタイプは比較的取り除きやすいと思いますが、クッションタイプと同様に、義歯安定剤使用後は、しっかりと取り除いて、義歯洗浄剤をつかって毎日、入れ歯をきれいにしましょう。入れ歯などの専門医が中心会員の日本補綴歯科学会もクリームタイプについてはいわゆる斬間的な使用は認めています。

シールタイプ

入れ歯・入れ歯安定剤

シールタイプはあまり知られてないのではないでしょうか。クリームタイプと比較すると量的な調整が難しいですが、クッションタイプほど顎の位置関係に影響を与えません。入れ歯安定剤全般に言えることですが、あくまで、一時的な使用でとどめておいた方が良いと言われています。

粉末タイプ

入れ歯・入れ歯安定剤

粉末タイプには、pHが低い製品もあり、総入れ歯の歯がない方が使用するのはいいのかもしれませんが、歯が残っていて、部分入れ歯を使用しているかたが使用する際には、注意が必要です。どの種類の入れ歯安定時も一時的な使用には非常に便利です。ただ、長期に使用する場合には、歯科医院に相談しましょう。