牧平院長のご紹介|まきひら歯科クリニック|福山市・福山駅・歯医者
  • TEL084-961-3957

    〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21 1F

    TEL:084-961-3957
  • ネット予約

院長紹介

院長紹介

牧平 清超
歯科医師
ケアマネージャー(介護支援専門員)
日本補綴歯科学会専門医、指導医
日本老年歯科医学会認定医
インフェクション・コントロールドクター
広島大学大学院客員教授

補綴(ホテツ)治療とは
冠(さし歯など)や入れ歯、インプラントなどを用いてなくなった歯の全部または一部の代わりを作り、噛み合わせを改善する治療です。また、顎関節症の改善なども行います。
インフェクション・コントロールドクターとは
感染症や感染制御、院内感染対策を専門に取り扱う医療従事者です。

ごあいさつ

広島大学附属福山高等学校を卒業後、広島大学歯学部に進学しました。広島大学歯学部を卒業後は、広島大学病院補綴科、九州大学病院補綴科で約24年間臨床経験を積み、日本補綴歯科学会の専門医、指導医を取得するにいたりました。
補綴科とは、なくなった歯を冠や入れ歯、インプラントで補って噛み合わせを回復する治療の専門診療科です。また審美歯科、ホワイトニング、顎関節症治療なども担当する診療科です。
超高齢社会に歯科医師として貢献するため、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格、日本老年歯科医学会認定医も取得しました。通院困難なご高齢の方の訪問診療などにも専門家として対応します。
昨今、歯科医院の院内感染対策が話題になっていますが、インフェクション・コントロールドクターの資格も取得していますので、安心して受診してください。

経歴

昭和62年3月 広島大学附属福山高等学校卒業
昭和63年4月 広島大学歯学部入学
平成6年3月 広島大学歯学部卒業
平成6年4月 広島大学大学院歯学研究科歯科補綴学第二専攻入学
平成10年3月 広島大学大学院歯学研究科歯科補綴学第二専攻修了 博士(歯学)
平成10年4月 広島大学歯学部附属病院第二補綴科 助手(助教)
平成14年4月 フォーサイス研究所、ハーバード大学歯学部(アメリカ合衆国ボストン)、日本学術振興会海外特別研究員
平成18年4月 広島大学歯学部口腔機能修復学分野 助教授(准教授)
平成22年10月 九州大学大学院歯学研究院クラウンブリッジ補綴学分野 准教授 九州大学病院咬合補綴科副科長
平成27年4月 広島大学医歯薬保健学研究院 客員教授

上記の他に、現国立病院機構広島西医療センター歯科、広島記念病院歯科、現国立病院機構賀茂精神医療センター歯科、粕屋南病院歯科等の非常勤歯科医師にも従事してきました。

受賞歴

これまでの歯科に関する研究で以下の賞をいただきました。

・広島大学歯学部同窓会奨励賞 1999/5/29
・日本骨代謝学会優秀演題賞 1999/7/30
・国際歯科研究会 Hatton Travel Award 2000/4/6
・軟骨代謝学会賞 (山本・新名賞) 2001/3/10
・Postdoctoral Fellowship (フォーサイス研究所, ハーバード大学歯学部) 2002-2003
・日本学術振興会海外特別研究員 2003-2004
・Pan Boston Oral Science Research Symposium,Postdoctoral Competition 1位 2004/2/5
・日本補綴歯科学会学術大会課題口演優秀賞 2007/5/20
・日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞 2010/6/13
・日本老年歯科医学会優秀研究奨励賞(ライオンアワード) 2013/6/5  

所属学会

以下の学会に所属しています。学術大会に出席し最新の歯科医療に関する情報収集に日々務めています。

・日本補綴歯科学会
・日本老年歯科医学会
・日本口腔インプラント学会
・日本歯科理工学会
・日本細菌学会

代表論文

大学病院に勤務していた後半はインプラント周囲炎、インプラントのメンテナンス等に関する研究を行っていました。
以下は主な代表論文です。その他に歯科に関する論文を多数執筆しています。

Takanori Wachi, Takahiro Shuto, Yoshinori Shinohara, Yoshinari Matono, and Seicho Makihira “Release of titanium ions from an implant surface and their effect on cytokine production related to alveolar bone resorption.”Toxicology, 2,1-9,2015

和智貴紀, 的野良就, 牧平清超 「インプラント表面からのチタン溶出とその作用に関する新知見」 歯界展望, 126, 621-624, 2015

Takahiro Shuto, Takanori Wachi, Yoshinori Shinohara, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira “Increase in RANKL/OPG ratio in peri-implant gingiva exposed to Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide.”Journal of Dental Sciences, 11,8-16,2016