院長紹介|福山市の歯科医院 まきひら歯科クリニック|虫歯・歯周病・入れ歯・顎関節症

院長紹介|福山市の歯科医院 まきひら歯科クリニック|虫歯・歯周病・入れ歯・顎関節症

  • HOME
  • 院長紹介|福山市の歯科医院 まきひら歯科クリニック|虫歯・歯周病・入れ歯・顎関節症
院長紹介
牧平 清超
資格 歯科医師、ケアマネージャー(介護支援専門員)、日本補綴歯科学会専門医、日本補綴歯科学会指導医、日本老年歯科医学会認定医、インフェクション・コントロールドクター、広島大学大学院客員教授
補綴(ホテツ)治療とは 前歯や奥歯が虫歯・酸蝕症になった場合に冠(さし歯など)を用いて、また歯を抜いた・抜けたあとに入れ歯、インプラントなどを用いて、なくなった歯の全部または一部の代わりを作り、かみ合わせを改善する治療です。また、セラミックを用いた審美歯科治療、ホワイトニング(歯の漂白)や顎の痛みなどの顎関節症の改善、歯ぎしりから歯を守るマウスガード治療なども行います。
老年歯科医学とは 持病などの全身疾患を持ったご高齢の患者さんの歯科治療のゴールの設定はとても難しく、また制約も多くなります。老年医学はこのような患者さんの歯科治療に関する技術を考究する学問です。
インフェクション・コントロールドクターとは 医学、歯科医学において安全対策と感染対策は非常に重要です。これらの一般的な知識に加えて、感染症や感染制御、院内感染対策を専門的に取り扱う医療従事者をインフェクション・コントロールドクターと呼びます。

ごあいさつ

広島大学附属福山高等学校を卒業後、広島大学歯学部に進学しました。広島大学歯学部を卒業後は、広島大学病院補綴科、九州大学病院補綴科で約24年間臨床経験を積み、日本補綴歯科学会の専門医、指導医を取得するにいたりました。 補綴科とは、なくなった前歯や奥歯を冠や入れ歯、インプラントで補って噛み合わせを回復する治療の専門診療科です。また見た目を改善する審美歯科、ホワイトニング(歯の漂白)、顎関節症治療なども担当する診療科です。 超高齢社会に歯科医師として貢献するため、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格、日本老年歯科医学会認定医も取得しました。通院困難なご高齢の方の訪問診療などにも専門歯科医として対応します。 昨今、歯科医院の院内感染対策が話題になっていますが、インフェクション・コントロールドクターの資格も取得していますので、安心して受診してください。

経歴

昭和62年3月 広島大学附属福山高等学校卒業
昭和63年4月 広島大学歯学部入学
平成6年3月 広島大学歯学部卒業
平成6年4月 広島大学大学院歯学研究科歯科補綴学第二専攻入学
平成10年3月 広島大学大学院歯学研究科歯科補綴学第二専攻修了 博士(歯学)
平成10年4月 広島大学歯学部附属病院第二補綴科 助手(助教)
平成14年4月 フォーサイス研究所、ハーバード大学歯学部(アメリカ合衆国ボストン)、日本学術振興会海外特別研究員
平成18年4月 広島大学歯学部口腔機能修復学分野 助教授(准教授)
平成22年10月 九州大学大学院歯学研究院クラウンブリッジ補綴学分野 准教授 九州大学病院咬合補綴科副科長
平成27年4月 広島大学医歯薬保健学研究院 客員教授
上記の他に、現国立病院機構広島西医療センター歯科、広島記念病院歯科、現国立病院機構賀茂精神医療センター歯科、粕屋南病院歯科等の非常勤歯科医師にも従事してきました。

受賞歴

これまでの歯科に関する研究で以下の賞をいただきました。

・広島大学歯学部同窓会奨励賞 1999/5/29

・日本骨代謝学会優秀演題賞 1999/7/30

・国際歯科研究会 Hatton Travel Award 2000/4/6

・軟骨代謝学会賞 (山本・新名賞) 2001/3/10

・Postdoctoral Fellowship (フォーサイス研究所, ハーバード大学歯学部) 2002-2003

・日本学術振興会海外特別研究員 2003-2004

・Pan Boston Oral Science Research Symposium,Postdoctoral Competition 1位 2004/2/5

・日本補綴歯科学会学術大会課題口演優秀賞 2007/5/20

・日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞 2010/6/13

・日本老年歯科医学会優秀研究奨励賞(ライオンアワード) 2013/6/5

所属学会

以下の学会に所属しています。学術大会に出席し最新の歯科医療に関する情報収集に日々務めています。
・日本補綴歯科学会
・日本老年歯科医学会
・日本口腔インプラント学会
・日本細菌学会

直近の歯科に関連した論文

大学病院に勤務していた後半はインプラント周囲炎、インプラントのメンテナンス等に関する研究を行っていました。
以下は主な代表論文です。
その他に歯科に関する論文を多数執筆しています。
Takanori Wachi, Takahiro Shuto, Yoshinori Shinohara, Yoshinari Matono, and Seicho Makihira 
“Release of titanium ions from an implant surface and their effect on cytokine production related to alveolar bone resorption.”
Toxicology, 2,1-9,2015
和智貴紀, 的野良就, 牧平清超 
「インプラント表面からのチタン溶出とその作用に関する新知見」 
歯界展望, 126, 621-624, 2015
Takahiro Shuto, Takanori Wachi, Yoshinori Shinohara, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira 
“Increase in RANKL/OPG ratio in peri-implant gingiva exposed to Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide.”
Journal of Dental Sciences, 11,8-16,2016

歯科に関連した研究業績一覧

  • 西村正宏, Yan Weiqun, 牧平清超, 中村茂夫, 山田康道, 中舛和子, 玉上真美, 椋代義樹, 濱田泰三, 加藤幸夫.ヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸糖鎖の相互作用. 関節外科15 (6): 659-668, 1996.
  • 牧平清超. Cartilage Matrix Protein(CMP)の機能解明 細胞接着・伸展の促進, II型コラーゲンとの相乗作用およびインテグリンとの結合. 広島大学歯学雑誌 30(2): 232-235, 1998
  • 牧平清超, 二川浩樹, 西村春樹, 西村正宏, 村田比呂司, 貞森紳丞, 石田和寛, 山城啓文, 金辰, 江草宏, 福島整, 浜田泰三. 義歯安定剤(材)溶出液がヒト歯肉線維芽細胞に与える影響. 日本補綴歯科学会雑誌 45:403-411, 2001
  • 貞森紳丞, 浜田泰三, 中居伸行, 牧平清超, 田口則宏, 玉本光弘, 村田比呂司, 二川浩樹, 安部倉仁, 熊谷宏, 西村正宏. 臨床実習評価へのOSCE導入の試み −歯冠補綴および架工義歯の臨床実習−  広島大学歯学雑誌 33, 67-70, 2001.
  • 山田賢治, 牧平清超,貞森紳丞, 玉本光弘, 浜田泰三, 福田和子, 二宮仁美 介護老人保健施設 ”記念寿“における口腔内調査 広島歯科医学雑誌 29 (1) 24-28, 2001.
  • 牧平清超, 二川浩樹, 卜部史惠, 古胡真佐美, 岡崎好秀, 石田和寛, 西村春樹, 下野 勉, 浜田泰三 CAT21 bufを用いた安静時唾液の緩衝能検査に関する研究   広島歯科医学雑誌  29 (1) 29-33, 2005.
  • 西村正宏, 牧平清超, 杉山勝, 鎌田伸之, 貞森伸丞, 濱田泰三 当科におけるインプラント治療の取り組み –立ちあげから5年間の経過報告 広島歯科医学雑誌 33:27-31, 2005
  • 牧平清超, 二川浩樹, 内山裕絵, 安部倉仁, 貞森紳丞, 小川郁子, 田中武志, 高田 隆,香西克之,濱田泰三 金属アレルギー被疑患者に対するパッチテスト検査, 元素分析の有効性, 広島歯誌 33:32-36, 2005
  • 安部倉 仁, 浜田泰三, 貞森紳丞, 村田比呂司, 西村正宏, 牧平清超, 香川和子, 西村春樹 当診療科における高度先進医療 10年間の報告 –接着ブリッジによる欠損補綴ならびに動揺歯固定 広大歯誌 38, 47-51, 2006
  • 牧平清超,下江宰司,永見美鈴*, 村山 長,三吉 愛, 木原琢也, 峯 裕一, 森下裕司**,玉本光弘,里田隆博,天野秀昭, 二川浩樹 義歯製作法を応用した指部プロテーゼ製作実習の導入 広大歯誌 39(2), 134-139, 2007
  • 太田耕司, 南正彦, 武知正晃, 瀧 雅行, 宮内美和, 東川晃一郎, 二宮嘉昭, 島末 洋, 小野重弘, 重石英生, 西 裕美, 牧平清超, 玉本光弘, 下江宰司, 野宗万喜, 村山 長, 里田隆博, 二川浩樹, 鎌田伸之 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用 広大歯誌,40: 50-61,2008.
  • 北川 雅恵,古庄 寿子,新谷 智章,牧平 清超,二川 浩樹,小川 郁子,栗原 英見. 広島大学病院歯科における歯科用金属アレルギー被疑患者を対象としたパッチテストおよび元素分析の過去10年間の集計. 広大歯誌,40: 124-128, 
  • 木原琢也, 村山 長, 河原和子, 下江宰司, 笹原妃佐子, 玉本光弘, 牧平清超, 里田隆博, 二川浩樹 光切断法を用いた顔面計測とその応用. 広島大学歯学雑誌 41 (2), 107-113, 2009
  • 峯 裕一,牧平清超,杉山 勝,鎌田伸之, 岡崎昌太, 二川浩樹 脱落した口腔インプラント体の表面および付着物の解析 広島大学歯学雑誌 43, 106-112, 2011
  • 峯 裕一, 牧平清超, 今利直也, 首藤崇裕, 二川浩樹 市販洗口剤と歯磨剤がチタンの表面性状に与える影響 口腔インプラント学会誌 25(1), 22-30, 2012
  • 大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,牧平清超,熊谷宏,佐々木正和,田地豪,二川浩樹 市販口腔保湿材の物性評価 日本歯科理工学会誌 31, 258-265, 2012
  • 牧平 清超1), 峯 裕一2), 首藤 崇裕1), 寺田 善博1), 二川 浩樹2) 周期性伸展刺激が7細胞とMC3T3-E1細胞に与える影響 老年歯科医学雑誌 老年歯科医学 27(2), 77〜86, 2012
  • 和智貴紀 首藤崇裕 篠原義憲 的野良就 フッ素化合物歯面塗布剤によるチタンの腐食と溶出  日本口腔インプラント学会誌 2016、29(1) 12-19

英文誌

  • Akinobu Okimura, Yasunori Okada, Seicho Makihira, Haiou Pan, Li Yu, Kazuo Tanne, Kazushi Imai, Harumoto Yamada, Takeshi Kawamoto, Mitsuhide Noshiro, Weiqun Yan and Yukio Kato. Enhancement of cartilage matrix protein synthesis in arthritic cartilage. Arthritis and Rheumatisms 40(6): 1029-1036,1997.
  • Seicho Makihira, Weiqun Yan, Shigeru Ohno, Takeshi Kawamoto, Katsumi Fujimoto, Akinobu Okimura, Eri Yoshida, Mitsuhide Noshiro, Taizo Hamada and Yukio. Kato. Enhancement of cell adhesion and spreading by a Cartilage-specific Noncollagenous protein, Cartilage Matrix Protein (CMP/Matrilin-1), via Integrin a1b1. J.Biol.Chem. 274(16): 11417-23,1999.
  • Shigeru Ohno, Mitsuhide Noshiro, Seicho Makihira, Takeshi Kawamoto, Ming Shen, Weiqun Yan, Yoshie Kawashima-Ohya, Katsumi Fujimoto, Kazuo Tanne and Yukio Kato. RGD-CAP (beta ig-h3) enhances the spreading of chondrocytes and fibroblasts via integrin a1b1.Biochim Biophys Acta. 1451(1): 196-205, 1999.
  • Hiroki Hiroki Nishimura Hiroko Nishimura, Taizo Hamada, Seicho Makihira and Lakshman P. Samaranayake. Relationship between thigmotropism and Candida biofilm formation in vitro. Mycopathologia. 144(3): 125-129, 1999
  • Hiroki Hiroki Hiroko Nishimura, Seicho Makihira, Taizo Hamada, Shinsuke Sadamori, and LP. Samaranayake. Effect of serum concentration on Candida biofilm formation on acrylic surfaces. Mycoses. 43:139-143, 2000.
  • Hiroki Nikawa, Chen Jin, Taizo Hamada, Seicho Makihira, Hiroshi Kumagai, Hiroshi Murata. Interactions between thermal cycled resilient denture lining materials, salivary and serum pellicles and Candida albicans in vitro. Part II. Effects on fungal colonization. J. Oral Rehabil. 27(2):124-130,2000.
  • Hiroki Nikawa, Jin Chen, Taizo Hamada, Seicho Makihira, G Polyzois. Candida albicans growth on thermal cycled materials for maxillofacial prostheses in vitro. J. Oral Rehabil. 28; 755-765, 2001.
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Silvia Veronica Satonobu, Chen Jin, Taizo Hamada.Growth of Candida Species on Commercial Denture Adhesives in vitro. International Journal of Prosthodontics 14(1): 48-52, 2001
  • Hiroki Nikawa, Chen Jin, Hitoshi Fukushima, Seicho Makihira, Taizo Hamada. Antifungal activity of Histatin-5 against non-albicans Candida species. Oral Microbiology and Immunology. 16(4): 250-252, 2001
  • Ming Shen, Takeshi Kawamoto, Masao Teramoto, Seicho Makihira, Katsumi Fujimoto, Weiqun Yan, Mitsuhide Noshiro, Yukio Kato. Induction of basic helix-loop-helix protein DEC1 (BHLHB2)(1)/Stra13/Sharp2 in response to the cyclic adenosine monophosphate pathway. European Journal of Cell Biology, 80, 329-334, 2001.
  • Hiroki Hiroki Nikawairoshi Egusa, Seicho Makihira, Hirofumi Hirofumi Yamashiro, Hitoshi Fukushima, Chen Jin, Masahiro Nishimura, Retno Pudji Rahayu, Taizo Hamada. Alteration of the coadherence of Candida albicans with oral bacteria by dietary sugars. Oral Miclobiology and Immunology.  16:279-283, 2001
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Masahiro Nishimura, Hiroshi Egusa, Shinsuke Sadamori, Retno Pudji Rahayu, Haruki Nishimura and Taizo Hamada. Impact of components of denture acrylic resin on the gingival cells growth and sensitivity to Candida albicans Mycoses 45 (8) 300-305, 2002
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Mami Tamagami, Taizo Hamada. Difference of Candida albicans adhesion to intact and denatured type I collagen in vitro. Oral Microbiology and Immunology, 17 (2) 129-131, 2002
  • Hiroki Nikawa, Chen Jin, Hitoshi Fukushima, Seicho Makihira, Taizo Hamada., Lakshman P. Samaranayake Susceptibility of Candida albicans isolates from oral cavities of HIV positive patients to Histatin-5. J Prosthet Dent. 2002 Sep;88(3):263-7.
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Mami Tamagami, Taizo Hamada and Hirofumi Yamashiro. Bacterial and candidal adhesion to intact and denatured collagen in vitro. Mycoses 2002 45: 389-392
  • Shigeru Ohno, Kenichiro Murakami, Kotaro Tanimoto, Hiroki Sugiyama, Seicho Makihira, Takanori Shibata, Kiyoshi Yoneno, Yukio Kato, Kazuo Tanne. Immunohistochemical study of matrilin-1 in arthritic articular cartilage of the mandibular condyle. . J Oral Pathol Med 2003, 32(4) : 237-242
  • Jin Chen, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Taizo Hamada, Hiroshi Murata. Changes in surface roughness and colour stability of soft denture lining materials caused by denture cleansers  Oral Rehabil. 30(3):125-130, 2003
  • Hiroki Nikawa , Chen Jin, Seicho Makihira, Taizo Hamada, Hiroshi Kumagai. Biofilm formation of Candida albicans on the surfaces of deteriorated soft denture lining materials caused by denture cleansers in vitro. Oral Rehabil. 30(3):243-250, 2003
  • Seicho Makihira, Weiqun Yan, Hiroshi Murakami, Masae Furukawa, Toshihisa Kawai, Hiroki Nikawa, Eri Yoshida, Taizo Hamada, Yasunori Okada, and Yukio Kato Thyroid Hormone Enhances Aggrecanase-2/ADAM-TS5 Expression and Proteoglycan Degradation in Growth Plate Cartilage. Endocrinology 144 (6): 2480-2488, 2003
  • Hiroki Nikawa, Hiroshi Egusa, Seicho Makihira, Nishimura M, Ishida K, Furukawa M and Taizo Hamada. A novel technique to evaluate the adhesion of Candida species to gingival epithelial cells. Mycoses 2003, 46: 384-389
  • Hiroki Nikawa, Hirofumi Yamashiro, Seicho Makihira, Nishimura M, Hiroshi Egusa, Taizo Hamada. In vitro cariogenic potential of Candida albicans. Mycoses 46, 471-478, 2003
  • Hiroki Nikawa, Hitoshi Fukushima, Seicho Makihira, Taizo Hamada, Samaranayake L. Fungicidal effect of three new synthetic cationic peptide s against Candida albicans. Oral Dis. 2004, 10(4):221-228
  • Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Hitoshi Fukushima, Hiroko Nishimura, Yoshihiro Ozaki, Kazuhiro Ishida, Taizo Hamada, Kumiko Hara, Atsuko Matsumoto, ToshinobuTakemoto. Lactobacillus reuteri in bovine milk fermented decreases the oral carriage of mutans streptococci. International Journal of Food Microbiology 2004, 1195(2):219-223
  • Hiroshi Egusa, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Anahid Jewett, Hirofumi Yatani and Taizo Hamada Intercellular Adhesion Molecule 1-Dependent Activation of Interleukin 8 Expression in Candida albicans–Infected Human Gingival Epithelial Cells. Infection and Immunity 2005: 73(1) 622-626
  • Hiroki Nikawa, Kazuhiro Ishida, Taizo Hamada, Takahiro Satoda, Takeshi Murayama, Toshinobu Takemoto, Mistuhiro Tamamoto, Hideaki Tajima, Saiji Shimoe, Hitomi Fujimoto and Seicho Makihira. Immobilization of Octadecyl Ammonium Chloride on the Surface of Titan and Its Effects on Microbial Biofilm Formation In Vitro. 24, 570-582, Dental Mater J 2005
  • Hiroki Nikawa, Hiroshi Egusa, Seicho Makihira, Tetsuji Okamoto, Hidemi Kurihara, Hideki Shiba, Hideaki Amano, Takeshi Murayama, Hirofumi Yatani,and Taizo Hamada. An in vitro evaluation of the adhesion of Candida species to oral and lung tissue cells. Mycoses 49(1):14-17, 2006
  • Hiroki Nikawa,Hiroshi Egusa,Hirofumi Yamashiro,Nishimura M,Seicho Makihira,Jin C,Hitoshi Fukushima,Taizo Hamada. The effect of saliva or serum on bacterial and Candida albicans colonization on type I collagen. J Oral Rehabil, 33, 767-774, 2006.
  • Hiroshi Egusa Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Hirofumi Yatani, Taizo Hamada. In vitro Mechanisms of Interleukin 8-Mediated Responses of Human Gingival Epithelial Cells to Candida albicans Infection. International Journal of Medical Microbiology 296 , 301–311, 2006
  • Toshihisa Kawai, Takashi Matsuyama, Yoshitaka Hosokawa, Seicho Makihira, Makoto Seki,, Nadeem Y. Karimbux, Reginaldo B. Goncalves,  Paloma Valverde,  Serge Dibart,  Yi-Ping Li, Leticia A Miranda, Cory W.O. Ernst,  Yuichi Izumi, Martin A. Taubman,  B and T Lymphocytes Are the Primary Sources of RANKL in the Bone Resorptive Lesion of Periodontal Disease.  American Journal of Pathology, 169 (3), 987-998, 2006
  • Seicho Makihira, Yuichi Mine, Eduardo Kosaka, Hiroki Nikawa Titanium Surface Roughness Accelerates RANKL-dependent Differentiation in the Osteoclast Precursor Cell Line, RAW264.7. Dental Materials Journal, 26, 739-745, 2007
  • Hiroki Nikawa, Sachiyo Igarashi, Osamu Takasu, Hideaki Tataka, Fumio Harano, Shigeo Shinohara, Seicho Makihira, Toshinobu Takemoto, Takeshi Murayama, Takahiro Satoda, Hideaki Amano, Hidemi Kurihara. Chewing Gum Containing Citric Acid Reduces the Burden of Periodontal pathogens. The Open Food Science Journal, 2, 29-37, 2008
  • Seicho Makihira, Yumi Kawahara, Louis Yuge, Yuichi Mine, Hiroki Nikawa Impact of the Microgravity Environment in a Three–dimensional Clinostat on Osteoblast- and Osteoclast-like Cells. Cell Biology International, 32, 1176-1181, 2008
  • Yuichi Mine, Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Hiroshi Murata, Ryuji Hosokawa, Aya Hiyama, Sumiyo Mimura. Impact of titanium ions on osteoblast- osteoclast- and gingival epithelial-like cells. Journal of Prosthodontic Research, 54: 1-6, 2010
  • Seicho Makihira, Yuichi Mine, Hiroki Nikawa, Takahiro Shuto, Eduardo Kosaka, Masaru Sugiyama, Ryuji Hosokawa. Immobilized-OPG-Fc on a titanium surface inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro. Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 21:647-653, 2010
  • Seicho Makihira, Takahiro Shuto, Hiroki Nikawa, Keishi Okamoto, Yuichi Mine, Yuko Takamoto, Masaru Ohara, Koichiro Tsuji. Titanium Immobilized with an Antimicrobial Peptide Derived from Histatin Accelerates the Differentiation of Osteoblastic Cell Line, MC3T3-E1, International Journal of Molecular Sciences, 11, 1458-1470, 2010
  • Keishi Okamoto, Tatsuyuki Nakatani, Yuki Nitta, Seicho Makihira, Satoshi Iwata, Hiroki Nikawa, Takayuki Takahagi. Differentiation Capability Evaluation of Osteoblast by Functionalized DLC Thin films with Plasma Processing, Journal of Photopolymer Science and Technology, 23(4), 591-594, 2010
  • Seicho Makihira, Yuichi Mine, Hiroki Nikawa, Takahiro Shuto, Satoshi Iwata, Ryuji Hosokawa, Kohei Kamoi, Shota Okazaki, Yu Yamaguchi. Titanium ion induces necrosis and sensitivity to lipopolysaccharide in gingival epithelial-like cells.Toxicology in Vitro 24,1905-1910, 2010
  • Hiroki Nikawa, Yu Tomiyama, Minako Hiramatsu, Kaori Yushita, Yuko Takamoto, Hitomi Ishi, Sumiyo Mimura, Aya Hiyama, Hisako Sasahara, Kazuko Kawahara, Seicho Makihira, Takahiro Satoda, Toshinobu Takemoto, Hiroshi Murata, Yuichi Mine, Tsuyoshi Taji. Bovine milk fermented with Lactobacillus rhamnosus L8020 decreases the oral carriage of mutans streptococci and the burden of periodontal pathogens. Journal of Investigative and Clinical dentistry, 3, 1-10, 2011
  • Mikihito Kajiya, Hitoshi Komatsuzawa, Annatoula Papantonakis, Makoto Seki, Seicho Makihira, Kazuhisa Ouhara, Yutaka Kusumoto, Shinya Murakami, Martin A. Taubman, Toshihisa Kawai. Aggregatibacter actinomycetemcomitans Omp29 is associated with bacterial entry to gingival epithelial cells by F-actin rearrangement. PLoS One. 2011 Apr 29;6(4):e18287
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Takahiro Shuto, Masahiro Nishimura, Yuichi Mine, Koichiro Tsuji, Keishi Okamoto, Yuhiro Sakai, Masanori Sakai, Naoya Imari, Satoshi Iwata, Mika Takeda, Fumio Suehiro  Evaluation of trabecular bone formation in a canine model surrounding a dental implant fixture immobilized with an antimicrobial peptide derived from histatin. Journal of Materials Science: Materials in Medicine, 22: 2765-2772, 2011
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa; Mikihito Kajiya; Toshihisa Kawai; Yuichi Mine; Eduardo Kosaka; Marcelo J Silva; Kei Tobiume; Yoshihiro Terada. Blocking of sodium and potassium ion-dependent adenosine triphosphatase-alpha1 with ouabain and vanadate suppresses cell-cell fusion during RANKL-mediated osteoclastogenesis. European Journal of Pharmacology, 2011, 30;670(2-3):409-148.
  • Yuichi Mine, Tatsuyuki Nakatani, Keishi Okamoto, Seicho Makihira, Satoshi IwataHiroki Nikawa  Biomimetic diamond-like carbon coated titanium inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro  Journal of Photopolymer Science and Technology, 25(4):523-528. 2012
  • Yuichi Minea*, Seicho Makihirab, Yu Yamaguchia, Hideki Tanakaa, Hiroki Nikawaa* Involvement of ERK and p38 MAPK pathways on Interleukin-33-induced RANKL expression in osteoblastic cells” Cell Biology International, 38(5):655-662, 2014.
  • Takanori Wachi, Takahiro Shuto, Yoshinori Shinohara, Yoshinari Matono, and Seicho Makihira Release of titanium ions from an implant surface and their effect on cytokine production related to alveolar bone resorption Toxicology, 2;327:1-9. 2015
  • Yuichi Mine, Takahiro Shuto, Hiroki Nikawa, Toshihisa Kawai, Masaru Ohara, Kazuko Kawahara, Kouji Ohta, Toshio Kukita, Yoshihiro Terada and Seicho Makihira Inhibition of RANKL-dependent cellular fusion in pre-osteoclasts by amiloride and a NHE10-specific monoclonal antibody. Cell Biology Inetrnational, 2015 Jun;39(6):696-709. doi: 10.1002/cbin.10447. Epub 2015 Feb 2.
  • Takahiro Shuto, Takanori Wachi, Yoshinori Shinohara, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira Increase in RANKL/OPG ratio in peri-implant gingiva exposed to Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide.  Journal of Dental Sciences, 11,8-16,2016
  • Kanzaki H, Shinohara F, Suzuki M, Wada S, Miyamoto Y, Yamaguchi Y, Katsumata Y, Makihira S, Kawai T, Taubman MA, Nakamura Y. A-Disintegrin and Metalloproteinase (ADAM) 17 Enzymatically Degrades Interferon-gamma. Sci Rep. 2016 Aug 30;6:32259. doi: 10.1038/srep32259.
  • Kanzaki H, Makihira S, Suzuki M, Ishii T, Movila A, Hirschfeld J, Mawardi H, Lin X, Han X, Taubman MA, Kawai T. Soluble RANKL Cleaved from Activated Lymphocytes by TNF-α-Converting Enzyme Contributes to Osteoclastogenesis in Periodontitis. J Immunol. 2016 Nov 15;197(10):3871-3883.

 

 

臨床報告

  • Shinsuke Sadamori, Seicho Makihira, Nobuyuki Nakai, Taizo Hamada Application of magnetic attachment for connecting a fixed partial denture and a detachable gum part: A clinical report. International Chinese Journal of Dentistry, 6:89-92,2006
  • Seicho Makihira, Shinsuke Sadamori. Attaching a magnetic root coping to a fiber-reinforced post. Journal of Prosthetic Dentistry, 96 (5):381-382, 2006
  • Seicho Makihira, Wataru Mizumachi, Kae Harada, Saiji Shimoe, Shinsuke Sadamori and Hiroki Nikawa. The pre-surgical modification of the provisional over-denture through 3-dimensional image analysis supports the mini dental implant treatment: A clinical report. International Chinese Journal of Dentistry, 8: 39-41, 2008

 

 

学会発表1

 

  • 牧平清超, 西村正宏, 玉上真美, 浜田泰三. 関節炎におけるCartilage Matrix Protein合成促進. 第97回日本補綴歯科学会, 1997年5月, 長崎 (ポスター発表)
  • 牧平清超, Weiqun Yan, 岡田保典, 沖村昭信, 浜田泰三, 加藤幸夫.  関節炎の関節軟骨におけるCMP合成促進. 第10回日本軟骨代謝学会, 1997年3月, 大宮 (ポスター発表) .
  • 牧平清超, Weiqun Yan, 河本健,能城光秀, 加藤幸夫. コラーゲン線維―細胞相互作用におけるCartilage Matrix Protein (CMP) の役割:軟骨細胞の接着・伸展・増殖の強力な促進. 第15回日本骨代謝学会, 1998年7月, 大阪 (口演発表)
  • 牧平清超, 藤本英作, 申鳴, Weiqun Yan, 吉田衣里, 藤本勝巳, 能城光秀, 加藤幸夫. インテグリンa1b1を介してのCartilage Matrix Protein (CMP) /Matrilin 1による細胞接着・伸展の促進と軟骨での発現調節. 第17回日本骨代謝学会, 大阪 (口演発表) 7
  • 牧平清超, ニ川浩樹, 玉上真美, 西村正宏, 山城啓文, 金辰, 江草宏, 浜田泰三, Candida albicansのI型コラーゲンおよび変性I型コラーゲンへの付着に関する研究第13回 Bacterial Adherence研究会, 1999年7月, 鹿児島 (口演発表)
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Mami Tamagami, Masahiro Nishimura, Hirofumi Yamashiro, Chen Jin, Hiroshi Egusa, Taizo Hamada. The Adhesion of Candida albicans to Intact and Denatured Collagen. 第47回国際歯科研究学会日本部会, 1999年11月, 神戸 (ポスター発表)
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikawa, Mami Tamagami, Masahiro Nishimura, Hirofumi Yamashiro, Chen Jin, Hiroshi Egusa, Taizo Hamada. Adhesion of Candida albicans to Intact and Denatured Collagen. 第78回国際歯科研究学会, 2000年3月, アメリカ合衆国ワシントン (英語コンペティション)  Dent Res. 79(special issue): 522, 2000
  • 牧平清超, 西村正宏, ニ川浩樹, 江草宏, 貞森伸丞, 村田比呂司, 山城啓文, 金辰, 浜田泰三,  歯肉細胞に対する義歯床溶出成分の細胞毒性. 第103回日本補綴歯科学会, 2000年6月, 東京 (ポスター発表)
  • 牧平清超, ニ川浩樹, 石田和寛, 西村正宏, 金辰, 江草宏, 西村春樹, 福島整, 浜田泰三. 歯槽骨再構築を目的とした基礎的研究  ― 甲状腺ホルモンの軟骨細胞への作用 ―. 第104回日本補綴歯科学会, 2000年11月, 大阪 (ポスター発表)
  • Seicho Makihira, Hiroki Nikiawa, Masahiro Nishimura, Hiroshi Egusa, Chen Jin, Taizo Hamada Impact of Components of Denture Acrylic Resin on Candida 第79回国際歯科研究学会, 2001年6月28日, 幕張(ポスター発表)J.Dent.Res special issue 80, 554, 2001
  • 牧平清超, 二川浩樹, 江草宏, 西村正宏 Candida albicans感染に対する口腔上皮の細胞応答 2001年9月19日, 大宮 (講演発表)  第43回日本歯科基礎医学会  歯科基礎医学会雑誌 43(5) 82, 2001, supplements
  • 牧平清超, 吉田衣里, 浜田泰三, 加藤幸夫 甲状腺ホルモンの成長板軟骨細胞への作用 −aggrecanaseおよびプロテオグリカン分解作用— 第15回軟骨代謝学会 ポスター 2002年3月 群馬県前橋, 第15回日本軟骨代謝学会抄録集P44
  • Seicho Makihira, Michiko K. Oyoshi, Erdyni N. Tsitsikov, Martin A. Taubman, Toshihisa Kawai  Pan Boston Oral Health Research Symposium, Postdoctoral Poster Competition, 1st Prize (2004/2/5) The Combination of TRAF6 RNAi with DNA Array Reveals TRAF1 as a Negative Regulator in the RANK Signaling Network during Osteoclastogenesis.
  • Seicho Makihira, Toshihisa Kawai, Yoshitaka Hosokawa, Niedaman Karimbux, Jean Eastcott and Martin A. Taubman Role for TACE in Lymphocyte RANKL expression in Periodontitis.  2004/3/11 IADR in Hawaii, Oral presentation
  • 牧平清超 下顎位の偏位を改善した総義歯の1症例 第112回日本歯科補綴学会 認定医ケースプレゼンテーション 10.17 横須賀
  • 牧平清超, Toshihisa Kawai, 二川浩樹, Martin A. Taubman, 濱田 泰三 顎堤骨吸収抑制法の開発 – TRAF6-RNA i法による破骨細胞分化抑制作用の検討 – 第113回日本歯科補綴学会 口演発表 5.15 大阪国際会議場
  • 牧平清超, Toshihisa Kawai 破骨細胞の分化過程においてTRAF1はRANKL-TRAF6のシグナルを負に制御する  第23回日本骨代謝学会 ポスター発表 7.21-23 大阪
  • 牧平清超二川浩樹, 内山裕絵, 重岡美代子, 中野 香, 三好浩之, 小川郁子, 高田 隆, 浜田泰三 金属アレルギー被疑患者に対するパッチテスト、元素分析の有効性  第44回広島県歯科医学会 ポスター 11.12 広島県歯科医師会館
  • 牧平清超, 二川浩樹,村山 長, 里田隆博, 玉本光弘, 下江宰司,天野秀昭 歯科技工実習における粉塵の発生について 第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 牧平清超, 峯 裕一, Eduardo Kosaka, 二川浩樹 チタンの表面粗さが破骨細胞の分化に与える影響  第49回日本歯科理工学会5.12 札幌
  • 牧平清超, 二川浩樹 顎堤骨吸収におけるTRAF1の関与 第116回日本補綴歯科学会5.19 神戸
  • 牧平清超, 二川浩樹 チタン表面の破骨細胞への影響 日本補綴歯科学会中四国支部学術大会 9.2 徳島 ポスター
  • 牧平清超, 二川浩樹 微小重力環境が骨芽細胞および破骨細胞に与える影響. 第117回日本補綴歯科学会6.6-8,名古屋
  • Seicho Makihira, Eduardo Kosaka, Yuichi Mine, Hiroki Nikawa. Immobilized-OPG-Fc on a Titanium Surface Inhibits RANKL-dependent Osteoclast Differentiation. J. Dent Res. (special issue): 2008.7.2-5 (Toronto, Canada)
  • 牧平清超, 岡崎 昌太, 二川浩樹 P型ATPase阻害剤の顎堤吸収抑制作用に関する研究 第118回日本補綴歯科学会 6.5-7 京都
  • 牧平清超, 二川浩樹 イノベーションジャパン 骨の吸収を促進する酵素を抑える物質9.16-18 東京
  • 牧平清超二川浩樹, 峯 裕一, 首藤崇裕, 杉山 勝, 鎌田伸之, 寺田善博,    第28回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会  脱落した口腔インプラント表面の付着物が歯肉上皮細胞と骨芽細胞に与える影響   (鹿児島) 2011.1.22-23
  • 牧平清超, 二川浩樹, 峯 裕一, 諸井亮司, 寺田善博  メカニカルストレスによる顎堤の骨吸収に関する研究 —周期性伸展刺激が骨芽細胞と破骨細胞に与える影響—- 日本老年歯科医学会第22回学術大会  東京 6.17

 

学会発表2

  • 西村正宏, 牧平清超, 玉上真美, 浜田泰三. ヒアロン酸とプロテオグリカンおよびコンドロイチン硫酸グルコサミノグリカンとの相互作用による粘度の上昇. 第95回日本補綴歯科学会, 1996年6月, 広島
  • 加藤幸夫, Yan Weiqun, 大野茂, 牧平清超. 関節症におけるコラーゲン結合蛋白(CMP,オステオネクチン, RGD-CAP)の役割. 関節症病因病態研究会 1997年 
  • 大野茂, 藤本勝巳, 河本健, 能城光秀, 牧平清超, 申鳴, 丹根一夫, 加藤幸夫. RGD-CAP (big-h3) の接着活性部位の検討. 第16回日本骨代謝学会, 1998年7月
  • 玉上真美, ニ川浩樹, 牧平清超, 山城啓文, 金辰, 浜田泰三, 村田比呂司. 発育およびBiofilm形成におけるCandida属の相互作用.第98回日本補綴歯科学会, 1997年11月, 新潟
  • ニ川浩樹, 金辰, 山城啓文, 浜田泰三, 玉上真美, 西村正宏, 牧平清超 新しい義歯洗浄剤の洗浄効果の評価 第24回日本補綴歯科学会中国四国支部, 1998年8月, 松山 
  • 山城啓文, ニ川浩樹, 西村正宏, 牧平清超, 玉上真美, 金辰, 江草宏, 浜田泰三, Candida albicansと根面齲蝕の関連について ―Type I collagenへの定着について―. 第100回日本補綴歯科学会, 1998年10月, 東京
  • 玉上真美, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 金辰, 江草宏, 浜田泰三,  Candida albicans の変性I型コラーゲンへの付着に関する研究. 第101回日本補綴歯科学会, 1999年6月, 福岡  
  • 西村正宏, 川田正寿, Weiqun Yan, 牧平清超, 岡本彰夫, 浜田泰三, 加藤幸夫. 軟骨マトリックスの弾力性のメカニズム:アグリカン, コンドロイチン硫酸, ヒアルロン酸の役割. 第46回マトリックス研究会大会, 1999年 瀬戸
  • 加藤幸夫, 申鳴, 牧平清超, 藤本英作, 生田義和. 関節におけるMatrilinの発現と接着因子としての役割:a1b1インテグリンとの結合. 第31回日本結合組織学会学術大会, 1999年 名古屋
  • Pathogenicity, evaluation and management of denture plaque ―for the oral and systemic health―. Hiroki Nikawa, Chen Jin, Taizo Hamada, Masahiro Nishimura, Seicho Makihira, Mami Tamagami, Hirofumi Yamashiro, Hiroshi Egusa, Hiroshi Murata, Hiroshi Kumagai, Shinsuke Sadamori. 日中歯科医学会, 1999年  中華人民共和国北京
  • Yukio Kato, Eisaku Fujimoto, Seicho Makihira, Ming Shen, Mitsuhide Noshiro and Yoshikazu Ikuta. Regulation of expressions of matrilin-1 and –3 in chondrocytes by PTH-RP and synergistic and selective stimulation of cell spreading via alpha-1 beta-1 integrin by matrilin-1 plus type II collagen. The 4th world congress on osteoarthritis. 1999年 オーストリア ウィーン
  • 山城啓文, ニ川浩樹, 西村正宏, 牧平清超, 玉上真美, 金辰, 江草宏, 熊谷宏, 浜田泰三, Candida albicansのハイドロキシアパタイトへの付着に関する研究. 日本補綴歯科学会中国四国部会, 1999年8月, 呉
  • 藤本英作, 申鳴, 牧平清超, 吉田衣里, 能城光秀, 生田義和, 加藤幸夫. 軟骨分化におけるCartilage Matrix Protein (CMP/Matrilin 1) とMatrilin 3の遺伝子発現の検討. 日本整形外科学会基礎. 1999年  奈良
  • 西村正宏, 牧平清超, 加藤幸夫. プロテオグリカン, コンドロイチン硫酸およびヒアルロン酸の相互作用による組織の粘性および弾力性の制御. 第41回歯科基礎医学会 東京
  • Nikawa, C. Jin, T. Hamada, S. Makihira, and Polyzois Candida albicans colonization on thermocycled maxillofacial polymeric materials. 国際歯科研究学会 . 2000年3月, アメリカ合衆国ワシントン J. Dental Research 79(special issue): 478, 2000
  • Hiroki Nikawa, Hiroshi Egusa, Seicho Makihira, Taizo Hamada, Samaranayake L.P. The Impact of dietary sugars on Candida-bacteria coadherence. 16th International Conference on Oral Biology. 2000年3月, アメリカ合衆国シャンティリー
  • ニ川浩樹, 浜田泰三, 金辰, 西村正宏, 牧平清超, 玉上真美, 山城啓文, 江草宏, 熊谷 宏, デンチャ-プラークの病原性とそのコントロール. 第22回歯科医学会総会. 2000年5月, 東京
  • 江草宏, ニ川浩樹, 西村正宏, 牧平清超, 山城啓文, 金辰, 浜田泰三, Candida属の義歯床用レジンへの付着に及ぼすポリエン系抗真菌剤の影響について. 第103回日本補綴歯科学会, 2000年6月, 東京
  • 金辰, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 江草宏, 浜田泰三, 義歯洗浄剤による軟質裏装材の劣化   表面粗さと色差の変化について. 第103回日本補綴歯科学会, 2000年6月, 東京
  • 金辰, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 江草宏, 浜田泰三, 義歯洗浄剤による軟質裏装材の劣化   表面粗さと色差の変化について 第33回広島大学歯学会総会, 2000年6月, 広島
  • 江草宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 金辰, 浜田泰三, 治療投薬量以下の濃度のポリエン系抗真菌剤が引き起こすCandida albicansのpost antifungal effect (PAFE) と菌体表面疎水性の変化について. 第14回 Bacterial Adherence研究会, 2000年7月, 東京
  • 江草宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 金辰, 福島整, 浜田泰三 ポリエン系抗真菌剤によるCandidaのPAFEと菌体表面疎水性の変化について. 第104回日本補綴歯科学会, 2000年11月, 大阪
  • 江草宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 西村正宏, 山城啓文, 金辰, 福島整, 西村春樹, 石田和寛, 浜田泰三 歯肉上皮培養細胞を用いた口腔カンジダ症の研究モデル 第105回日本補綴歯科学会, 2001年6月, 東京
  • ニ川浩樹, 福島整, 金辰, 牧平清超, 浜田泰三 ヒスタチン5の抗カンジダ作用に関する研究 第105回日本補綴歯科学会, 2001年6月, 東京
  • 西村春樹, 西村正宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 山城啓文, 金辰, 江草宏, 石田和寛, 福島整, 浜田泰三 骨芽細胞のチタン表面でのプロテオグリカン遺伝子発現に関する研究 第105回日本補綴歯科学会, 2001年6月, 東京
  • Chen Jin, Hitoshi Fukushima, Hiroki Nikiawa, Seicho Makihira, Hiroshi Egusa, Taizo Hamada Biofilm Formation of Candida albicans on Deteriorated Soft Liner. 79th 国際歯科研究学会, 2001年6月, 幕張   Dent.Res special issue 80, 575, 2001
  • Hiroshi Egusa, Hiroki Nikiawa, Seicho Makihira, Samaranayake LP, Taizo Hamada Candidal Adherence to Cultured Human Cells of Varying Origin. 79th 国際歯科研究学会, 2001年6月, 幕張  Dent.Res special issue 80, 619, 2001
  • Hiroki Nikawa, Chen Jin, H. Fukushima, Seicho Makihira,Taizo Hamada, Samaranayake LP Fungicidal Activity of Histatin-5 against Candida Speices. 79th 国際歯科研究学会, 2001年6月, 幕張   Dent.Res special issue 80, 725, 2001
  • 江草宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 浜田泰三 Candida albicansの感染による口腔上皮細胞の細胞応答   第15回 Bacterial Adherence研究会講演抄録P32, 2001年7月14日, 新潟
  • 山田賢治, 二宮仁美, 福田和子, 牧平清超, 貞森紳丞, 玉本光弘, 浜田泰三 介護老人保健施設“記念寿”における口腔内調査 第40回 広島県歯科医学会  平成13年11月11日
  • インターネットにみる歯科関連ホームページの現状 −開業歯科医院について−  西村春樹, 二川浩樹, 熊谷宏, 中居伸行, 西村正宏, 牧平清超, 貞森紳丞, 浜田泰三, 石田和寛, 地守宏紀, 福島整, 古川匡恵, 江草宏, 尾崎宏嘉, 川村真弓 第40回 広島県歯科医学会  平成13年11月11日  
  • 重症心身障害者施設入所者の口腔微生物の実態調査  石田和寛, 二川浩樹, 牧平清超, 古胡真佐美, 卜部史惠, 山城啓文, 江草宏, 西村春樹, 福島整, 田中尊治, 萩原秀郎, 浜田泰三 第40回 広島県歯科医学会 平成13年11月11日 
  • Cat21 Buf を用いた齲蝕活動性試験に関する研究  卜部史惠, 二川浩樹, 牧平清超, 土本浩嗣, 浜田泰三 第40回 広島県歯科医学会 平成13年11月11日  
  • 古胡真佐美, 二川浩樹, 牧平清超, 浜田泰三 重度身体障害者および重症心身障害者施設入所者の口腔微生物に関する調査  沖縄 ポスター発表   第18回 障害者歯科学会 平成13年11月11日  
  • Hiroshi Egusa, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira and Taizo Hamada. Responses of human gingival epithelial cells to Candida albicans March 8, San Diego, USA   J. Dent. Res special issue 81, 406, 2002
  • 山田賢治, 貞森紳丞,牧平清超, 玉本光弘, 浜田泰三 第13回日本老年歯科医学会2002/6/29 要介護高齢者の口腔内実態について 第13回日本老年歯科医学会抄録集P49広島
  • Nikawa, S. Makihira, H. Fukushima, H. Nishimura, Y. Ozaki, K. Ishida, M. Nishimura, T. Hamada, T. Takemoto, L. Samaranayake. Bovine milk fermented with Lactobacillus reuteri decreases oral mutans streptococci. 2004 IADR in Hawaii, Poster Presentation
  • Hosokawa Y, Makihira S, Goncalves RB, Warot G, Taubman MA, Kawai T. Anti-microbial and anti-inflammatory effects of tea polyphenol in periodontal disease. IADR 2004 in Hawaii. Poster Presentation
  • Goncalves RB, Makihira S, Hosokawa Y, Taubman MA, Depaola D, Kawai T. Influence of Vitamin-A on Actinobacillus actionmycetemcomitans periodontal infection of mice. IADR 2004 in Hawaii.  Poster Presentation
  • 江草宏, ニ川浩樹, 牧平清超, 矢谷博文,浜田泰三. 第18 回 Bacterial Adherence研究会講演抄録P29, 2004年 7月 3日 東京
  • Sadamori, S Makihira, N.Nakai, T.Hamada A 2 year-follow up of anterior fixed partial denture with detachable gum using magnetic attachment  7th International Research Project of Magnetic Dentistry  香港  2004年 10月 27日
  • Kawai, S. Makihira, M. K. Oyoshi, T. Nakanishi, J.E. Lee, E. N. Tsitsikov, M. A. Taubman. TRAF1 Negatively Regulates RANKL Mediated TRAF6 Signaling in Osteoclastogenesis. Baltimore IADR 2005
  • 山田賢治,牧平清超,貞森紳丞,濱田泰三 介護老人保健施設入所者の口腔内実態—5年間の調査報告— 第16回 日本老年歯科医学会抄録集 P82 2005年6月17日 東京国際フォーラム 口演発表
  • 内山裕絵, 二川浩樹, 牧平清超, 原田佳枝, 西村春樹, 濱田泰三 金属アレルギー被疑患者に対するパッチテスト・元素分析の過去7年間の集計 日本補綴歯科学会 九州・中四国合同支部会 9.3. 口演発表
  • 安部倉 仁, 浜田泰三, 貞森紳丞, 村田比呂司, 西村正宏, 牧平清超, 香川和子, 二川浩樹, 玉本光弘 当診療科における高度先進医療 10年間の報告 –接着ブリッジによる欠損補綴ならびに動揺歯固定    第44回広島県歯科医学会 口演 11.12 広島県歯科医師会館
  • Amano H, Hara K, Fujimoto H, Sugiyama M, Takemoto T, Matsumoto A, Niitani Y, Nikawa H, Satoda T, Murayama T, Tamamoto M, Makihira S, Shimoe S, Kawamura M and Okada M. A Study of an Oral Health Promotion Program for Junior High School Students using an Intra-Oral Scanner System. 2006 PDAAアジア小児歯科学会
  • 江草 宏,二川浩樹,牧平清超,矢谷博文,浜田泰三 Candida albicans付着後の口腔上皮細胞の初期免疫応答 第 回 Bacterial Adherence研究会講演抄録P , 2006年 月 日 東京
  • 玉本光弘, 下江宰司,牧平清超, 田嶋英明,村山 長, 里田隆博, 二川浩樹 歯科技工用機器から発生する騒音に関する調査  第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 村山 長, 田嶋英明, 玉本光弘, 下江宰司, 牧平清超, 里田隆博, 二川浩樹 有床義歯のウエアラブルセンサ化による健康管理システムの研究 第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 二川浩樹, 牧平清超, 玉本光弘, 下江宰司, 里田隆博, 村山 長 義歯の抗菌処理に関する研究 第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 下江宰司, 田嶋英明,牧平清超, 玉本光弘, 里田隆博, 村山 長,二川浩樹, 天野秀昭,永見美鈴 学生によるエピテーゼを想定した顔面マスクの製作  第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 里田隆博, 下江宰司, 玉本光弘, 田嶋英明, 牧平清超, 二川浩樹, 村山 長 顎関節機能模型の製作 第28回日本歯科技工学会9 17-18 ポスター発表(広島)
  • 里田隆博, 下江宰司, 田嶋英明, 玉本光弘, 牧平清超, 二川浩樹, 村山 長, 上田仁美, 豊浦朋子 舌・軟口蓋機能模型の製作 日本解剖学会第61回中国・四国支部学術大会11.11-12, 広島
  • Masaru Sugiyama*1, Ujjal Bhawal2, Hitomi Fujimoto1, Toshinobu Takemoto1, Kumiko Hara1, Atsue Matsumoto1, Yoshie Niitani1, Hiroki Nikawa3, Seicho Makihira3, Takahiro Satoda3, Saiji Shimoe3, Takeshi Murayama3, Mitsuhiro Tamamoto3, Hideaki Amano1  Detection of Human Papillomavirus-16 and HPV-18 DNA in Normal, Dysplastic, and Malignant Oral Epithelium ? 岡山
  • エドュアルド修市郎小坂牧平清超, 尾崎加奈, 下江宰司, 玉本光弘, 里田隆博, 村山 長, 杉山 勝, 天野秀昭, 竹本俊伸, 二川浩樹 P型ATPase阻害剤は成熟破骨細胞への分化を抑制する 第45回広島県歯科医学会・第90回広島大学歯学会例会11.12広島
  • 里田隆博,下江宰司,田嶋英明,玉本光弘,牧平清超,二川浩樹,村山長,植田仁美,豊浦朋子 舌軟口蓋機能模型の製作  第112回日本解剖学会総会・学術集会3.27-29 大阪
  • 里田隆博,下江宰司,牧平清超,玉本光弘,村山 長,二川浩樹 嚥下機能模型の製作 第39回広島大学歯学会総会 6.16 広島
  • 里田隆博,下江宰司,牧平清超,玉本光弘,村山 長,二川浩樹 嚥下機能模型の製作 日本歯科技工学会第29回学術大会 9.22-23 仙台
  • 下江宰司,里田隆博,玉本光弘,牧平清超,村山長,二川浩樹,永野清司,田上直美,松村英雄 前装用コンポジットと金銀パラジウム合金の接着における貴金属用プライマーの効果 日本歯科技工学会第29回学術大会 9.22-23 仙台
  • 峯 裕一,牧平清超,下江宰司,玉本光弘,里田隆博,村山 長,二川浩樹Osteoprotegerinを固定化したチタンが破骨細胞に与える影響 日本歯科技工学会第29回学術大会 9.22-23 仙台
  • 里田隆博,下江宰司,牧平清超,玉本光弘,村山 長,二川浩樹 嚥下機能模型の製作  日本解剖学会第62回中国・四国支部学術集会 10.27 倉敷
  • 高橋愛里, 下江宰司, 牧平清超, 玉本光弘, 森下裕司, 永見美鈴, 藤本佳那, 木原琢也, 村山長, 里田隆博, 天野秀昭, 二川浩樹 広島大学歯学部口腔保健学科口腔保健工学専攻における新しい人材育成教育: アナプラストロジスト養成教育 ― 1.エピテーゼ(義眼)製作実習 ―.第91回広島大学歯学会例会 10.21 広島
  • 藤本佳那,玉本光弘,森下裕司,牧平清超,下江宰司,高橋愛里,村山 長,里田隆博,二川浩樹,天野秀昭:広島大学歯学部口腔保健学科口腔保健工学専攻における新しい人材育成教育:アナプラストロジスト養成教育 ― 1.エピテーゼ(義眼)製作実習 ―.第91回広島大学歯学会例会 10.21 広島
  • 二川浩樹, 牧平清超, 村山 長, 玉本光弘, 里田隆博, 下江宰司, 田口香織, 天野秀昭, 杉山 勝, 竹本俊伸 口腔保健学科の2つのプロジェクトセンターの紹介  第40回広大歯学会6.16
  • 峯裕一, 牧平清超, 下江宰司, 玉本光弘, 里田隆博, 村山 長, 二川浩樹  Osteoprotegerin を固定化したチタンが破骨細胞に与える影響 第40回広大歯学会 6.16
  • 三吉 愛,牧平清超,下江宰司,永見美鈴,村山 長,木原琢也,峯 裕一,森下祐司,玉本光弘,里田隆博,天野秀昭,二川浩樹 広島大学歯学部口腔保健学科口腔保健工学専攻における新しい人材育成教育:アナプラストロジスト養成教育 ― 3.指部プロテーゼ製作実習 ―.第91回広島大学歯学会例会 10.21 広島
  • 峯 裕一,牧平清超, 村田比呂司, 二川浩樹  チタンイオンが骨吸収関連遺伝子の発現に及ぼす影響    第51回日本歯科理工学会学術大会  4.26-27, 鶴見
  • 三次元光造形モデルの口腔外科手術臨床への応用 南 正彦1),太田耕司2),武知正晃1),宮内美和2),東川晃一郎1),島末 洋2),小野重弘1),二宮嘉昭2),重石英生1),西 裕美2),瀧 雅行2),荒木結子3),首藤崇裕3),高橋愛里3),藤本佳那3),峯 裕一3),三村純代3),牧平清超4),玉本光弘4),下江宰司4),村山 長4),里田隆博4),二川浩樹4),鎌田伸之1,2) 第41回広島大学歯学会6.15, 広島
  • 竹本俊伸,小川哲次,田口則宏,仁井谷善恵,松本厚枝,原 久美子,野宗万喜,杉山 勝,天野秀昭,下江宰司,牧平清超,玉本光弘,村山 長,里田隆博,二川浩樹.良き「教育者」をめざした卒前教育―「歯科臨床教育学」の口腔保健学科カリキュラムへの導入   第41回広島大学歯学会総会 6/15(広島).
  • 竹本俊伸,仁井谷善恵,松本厚枝,原 久美子,野宗万喜,杉山 勝,天野秀昭,下江宰司,牧平清超,玉本光弘,村山 長,里田隆博,二川浩樹. ビデオを用いた患者接遇教育―学生による自己チェックの効果   第41回広島大学歯学会総会6/15(広島).
  • 峯 裕一,二川浩樹,牧平清超,下江宰司,玉本光弘,里田隆博,村山 長,天野秀昭,竹本俊伸,杉山 勝,原 久美子,松本厚枝,野宗万喜, 仁井谷善恵 広島大学歯学部における課外活動(バイオテクノロジークラブ:バイテック)を通した研究能力の養成について.第27回日本歯科医学教育学会 7/11-12(東京).
  • 高本祐子,二川浩樹,三村純代,檜山あや,大前侑子,牧平清超.フロントランナープログラムへの参加.第27回日本歯科医学教育学会 7/11-12(東京).
  • 檜山あや,二川浩樹 ,牧平清超,下江宰司,玉本光弘,里田隆博,村山 長,杉山 勝,原 久美子,野宗万喜.かづきれいこのリハビリメイク実習を通じて学んだこと.第27回日本歯科医学教育学会 7/11-12(東京).
  • 木原琢也,二川浩樹,牧平清超,下江宰司,玉本光弘,里田隆博,村山 長,松本厚枝,仁井谷善恵,かづきれいこ.かづきれいこの血流マッサージの定量化.第27回日本歯科医学教育学会 7/11-12(東京).
  • 三村純代,南 正彦,西 裕美,島末 洋,武知正晃,鎌田伸之,二川浩樹,牧平清超,里田隆博,村山 長.口腔保健工学の臨床実習における三次元光造形モデルの製作と臨床応用.第27回日本歯科医学教育学会 7/11-12(東京).
  • 北川雅恵,古庄寿子, 新谷智章, 牧平清超, 二川浩樹, 小川郁子, 栗原英見.広島大学病院歯科における歯科用金属アレルギー被疑患者を対象としたパッチテストおよび元素分析の過去10年間の集計. 第1回日本口腔検査学会 総会・学術大会 8/23(東京).
  • 二川浩樹,唐川忠士,大島邦裕,勝圓 進,牧浦良彦,高本祐子,高山幸宏.固定化抗菌剤を利用した洗剤と被洗浄物の抗菌効果.日本防菌防黴学会第35回年次大会 9/11-12(浜松).
  • 檜山あや,二川浩樹,牧平清超. 口腔内常在菌を用いたカリエスリスク減少の試み. 日本防菌防黴学会第35回年次大会 9/11-12(浜松).
  • 石井仁美, 大倉恵美, 高本祐子, 牧平清超, 二川浩樹 市販人工唾液のカンジダの酸産生およびバイオフィルム形成に与える影響 第52回日本歯科理工学会学術大会 9/20-21 (大阪)
  • 高本祐子, 高山幸宏, 牧平清超, 二川浩樹, 松下調子 二酸化チタンを応用した義歯洗浄剤のカンジダバイオフィルムに対する除去効果 第52回日本歯科理工学会学術大会 9/20-21 (大阪)
  • 太田耕司,武知正晃,平岡美里,南 正彦,二宮嘉昭,西 裕美,安田雅美,都留寛治,牧平清超,二川浩樹,石川邦夫,鎌田伸之.チタン表面粗さが細菌付着に及ぼす影響.日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008 11/18(東京).
  • 三村純代, 二川浩樹, 牧平清超, 檜山あや 口腔より分離したLactobacillus属の抗ミュータンス作用  第47回広島県歯科医学会, 第92回広島大学歯学会, 日本歯科技工学会中国。四国支部第3回学術大会 2008, 10/19 (広島)
  • 檜山あや, 二川浩樹, 牧平清超, 三村純代 口腔由来乳酸菌株によるmutans streptococciおよびCandidaの阻止作用 第47回広島県歯科医学会, 第92回広島大学歯学会, 日本歯科技工学会中国。四国支部第3回学術大会 2008,10/19 (広島)
  • 三吉 愛, 牧平清超, 永見美鈴, 森下裕司, 里田隆博, 村山 長, 二川浩樹, 玉本光弘 義歯製作法を応用した指部プロテーゼ製作実習 第4回国際歯科技工学術大会, 第30回日本歯科技工学会学術大会 2008,10/21-23, (大阪)
  • 赤嶺翠林, 牧平清超, 峯 裕一, 首藤崇裕, 大前侑子, 二川浩樹 血清はチタン上の真菌の定着を促進する 第4回国際歯科技工学術大会, 第30回日本歯科技工学会学術大会 2008,10/21-23, (大阪)
  • 峯 裕一, 牧平清超, 首藤崇裕, 大前侑子, 赤嶺翠林, 村田比呂司, 二川浩樹 チタンイオンが骨芽細胞および破骨細胞の分化に与える影響 第4回国際歯科技工学術大会, 第30回日本歯科技工学会学術大会 2008,10/21-23, (大阪)
  • 首藤崇裕,牧平清超, 峯 裕一,大前侑子, 赤嶺翠林, 村田比呂司, 二川浩樹 JH8194を固定化したチタンが骨芽細胞様細胞株MC3T3-E1細胞に与える影響 第4回国際歯科技工学術大会, 第30回日本歯科技工学会学術大会 2008,10/21-23, (大阪)
  • 三村純代, 二川浩樹, 牧平清超, 檜山あや 口腔より分離したlactobacillus属の抗ミュータンス作用 第4回国際歯科技工学術大会, 第30回日本歯科技工学会学術大会 10/21-23, (大阪) 2008
  • 「Effects of JH8194-immobilized titanium on the differentiation of osteoblastic cell line, MC3T3-E1.」Takahiro Shuto, Seicho Makihira, Yuichi Mine, Aya Hiyama, Sumiyo Mimura, Hiroki Nikawa The International Workshop on BioDental Education & Research Hiroshima Unversity Graduate School of Biomedical Sciences H.21.02.07-08
  • 「Antimicrobial effects of oral isolates of lactobacilli against mutans streptococci and Candida spp.」Aya Hiyama, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Sumiyo Mimura, Yuichi Mine, Takahiro Shuto The International Workshop on BioDental Education & Research Hiroshima Unversity Graduate School of Biomedical Sciences H.21.02.07-08
  • 「Effects of titanium ion on osteoblast and osteoclast differentiation.」Yuichi Mine, Seicho Makihira, Takahiro Shuto, Sumiyo Mimura, Aya Hiyama, Hiroki Nikawa The International Workshop on BioDental Education & Research Hiroshima Unversity Graduate School of Biomedical Sciences H.21.02.07-08
  • 「Inhibitory effect of oral isolates of Lactobacillus fermentum on mutans streptococci. 」Sumiyo Mimura, Hiroki Nikawa, Seicho Makihira, Aya Hiyama, Yuichi Mine, Takahiro Shuto The International Workshop on BioDental Education & Research Hiroshima Unversity Graduate School of Biomedical Sciences H.21.02.07-08
  • 「JH8194を固定化したチタンが骨芽細胞様細胞株MC3T3-E1細胞に与える影響」首藤崇裕, 牧平清超, 峯 裕一, 大前侑子, 赤嶺翠林, 二川浩樹 第1回 広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所シンポジウム21.05.27
  • 「口腔由来乳酸菌株による mutans streptococci および Candidaの阻止作用」檜山あや,二川浩樹,牧平清超,三村純代 第1回 広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所シンポジウム21.05.27
  • 「チタンイオンが骨芽細胞および破骨細胞の分化に与える影響」峯 裕一, 牧平清超, 首藤崇裕, 大前侑子, 赤嶺翠林, 村田比呂司, 二川浩樹第1回 広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所シンポジウム21.05.27
  • 「口腔より分離したLactobacillus属の抗ミュータンス作用」三村純代,二川浩樹,牧平清超,檜山あや 第1回 広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所シンポジウム21.06.05-27
  • 「インプラント体周囲から分離したCandida albicans の歯肉繊維芽細胞に与える影響」 岡崎昌太,牧平清超,二川浩樹 第118 回日本補綴歯科学会21.06.05-08
  • 「P型ATPase阻害剤の顎提吸収抑制作用に関する研究」牧平清超, 岡崎昌太, 二川浩樹 第118 回日本補綴歯科学会21.06.05-08 京都国際会議場 (京都)
  • 「市販人工唾液の抗菌性と物性評価~その1~」石井仁美,大倉恵美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,里田隆博,村山 長,原 久美子,竹本俊伸,内藤朱美,穂垣幸枝 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「市販人工唾液の抗菌性と物性評価‐その2‐」大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,里田隆博,村山 長,仁井田善恵,松本厚枝,原 久美子,野宗万喜,島津 篤,穂垣幸枝 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「Candida 属の組み合わせがバイオフィルム形成に与える影響」高本祐子,高山幸宏,石井仁美,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,玉本光弘,下江宰司,里田隆博,村山 長,野宗万喜,鶴田圭伊子,天野秀昭,杉山 勝,竹本俊伸 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「義歯床用レジンの表面処理による抗菌加工の試み」高山幸宏,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,鴨居浩平,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,玉本光弘,天野秀昭,野宗万喜,杉山 勝,竹本俊伸,北川雅恵,小川郁子.栗原英見 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「市販洗口剤の抗菌性と固定化抗菌剤を用いた洗口剤の試作」平松美菜子,高本祐子, 柚下香織,田村智哉, 石井仁美,高山幸宏, 大倉恵美,二川浩樹,牧平清超,栗原英見 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「衣服や布の抗菌加工の洗剤の試作」柚下香織, 高本祐子, 平松美菜子,田村智哉,石井仁美,高山幸宏,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超, 栗原英見 第42 回広島大学歯学会06.20
  • 「P型ATPase阻害剤はRANKL添加に依存した7の細胞融合を抑制する」 峯 裕一, 牧平清超, 岡崎昌太, 二川浩樹 第27回日本骨代謝学会学術集会 H21.07.23-25
  • 「市販人工唾液の抗菌性と物性評価」石井仁美,大倉恵美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,里田隆博,村山 長,原 久美子,竹本俊伸,内藤朱美,穂垣幸枝 第36 回日本防菌防黴学会21.09.14-15
  • 「Candida 属の組み合わせがバイオフィルム形成に与える影響」高本祐子,高山幸宏,石井仁美,大倉恵美,上原文子,岡崎昌太,岩田慧,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,玉本光弘,下江宰司,里田隆博,村山 長,野宗万喜,鶴田圭伊子,天野秀昭,杉山 勝,竹本俊伸 第36 回日本防菌防黴学会21.09.14-15
  • 「義歯床用レジンの表面処理による抗菌加工の試み」高山幸宏,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,鴨居浩平,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,玉本光弘,天野秀昭,野宗万喜,杉山 勝,竹本俊伸,北川雅恵,小川郁子, 栗原英見. 第36 回日本防菌防黴学会21.09.14-15
  • 「DLC コーティングしたチタンが骨芽細胞様細胞株MC3T3-E1 細胞の分化に与える影響」岩田 慧,牧平清超,二川浩樹,岡本圭司,高萩隆行,西村正宏,首藤崇裕,岡崎昌太 日本口腔インプラント学会21.09.25-27
  • 「JH8194を固定化したチタンによる骨芽細胞の分化促進作用」首藤崇裕, 牧平清超,二川浩樹, 杉山 勝, 岩田慧, 岡崎昌太 第39回日本口腔インプラント学会学術大会21.09.25-27
  • 「市販人工唾液の抗菌性評価」石井仁美,大倉恵美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超. 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「紫外線照射がシリコーン系顎顔面補綴用材料の動的粘弾性に及ぼす影響」上原文子,水町 亘,二川浩樹,牧平清超, 村田比呂司,峯 裕一 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「市販人工唾液の物性評価」大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「Candida 属の組み合わせがバイオフィルム形成に与える影響」高本祐子,高山幸宏,石井仁美,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「固定化抗菌剤の抗カンジダ作用の評価」高山幸宏,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「市販洗口剤の抗菌性と固定化抗菌剤を用いた洗口剤の試作」平松美菜子,高本祐子, 柚下香織,田村智哉, 石井仁美,高山幸宏, 大倉恵美,二川浩樹,牧平清超,栗原英見 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「衣服や布の抗菌加工の洗剤の試作」柚下香織, 高本祐子, 平松美菜子,田村智哉,石井仁美,高山幸宏,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超, 栗原英見 第54 回日本歯科理工学会10.01-02
  • 「デンタルプレスケールとT-ScanⅢによる咬合力の測定」木原琢也, 二川浩樹, 村山 長, 牧平清超, 玉本光弘, 里田隆博, 下江宰司, 河原和子, 笹原妃佐子 第2回日本口腔検査学会総会・学術大会 10.04
  • 「新規抗菌ペプチドJH8194 がヒト間葉系幹細胞の増殖に与える影響」河村 卓,牧平清超,二川浩樹,河原和子,西村正宏, 下江宰司, 玉本光弘,村山 長,里田隆博,竹本俊伸,杉山 勝,天野秀昭 第60 回中国地区歯科医学大会 (広島県歯学会)21.10.25
  • 「Amiloride が破骨細胞の分化に与える影響」宮井良介,牧平清超,二川浩樹,岡崎昌太,峯 裕一,山口 裕,河原和子,野宗万喜,原 久美子,松本厚枝,仁井谷善恵 第60 回中国地区歯科医学大会 (広島県歯学会)21.10.25
  • 「お茶ゼリーのテクスチャー解析および抗菌性・官能評価」諸岡英里,石井仁美,柚下香織,平松美菜子,高本祐子,二川浩樹,牧平清超,栗原英見 第60 回中国地区歯科医学大会 (広島県歯学会)21.10.25
  • 「非接触式三次元形状計測装置を用いた歯型彫刻作品の客観的評価 第一報 体積と特徴点による定量化」木原琢也,下江宰司,二川浩樹,村山 長,牧平清超,里田隆博,玉本光弘,河原和子,笹原妃佐子 第28回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 21.11.6- 7
  • 「脱落した口腔インプラント表面の付着物が歯肉上皮細胞に与える影響」岡崎昌太,牧平清超,二川浩樹,村山 長,高本祐子 日本補綴歯科学会 H21 年度関西支部・中国四国支部合同学術大会11.14-15
  • 「Candida 属の組み合わせがバイオフィルム形成に与える影響」高本祐子,高山幸宏,岡﨑昌太,檜山あや,二川浩樹,牧平清超 日本補綴歯科学会 H21 年度関西支部・中国四国支部合同学術大会11.14-15
  • 「固定化抗菌剤の抗カンジダ作用の評価」高山幸宏,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,檜山あや,二川浩樹,牧平清超 日本補綴歯科学会 H21 年度関西支部・中国四国支部合同学術大会11.14-15
  • 「食品の硬さと咬合力との関係について」中野友里絵,木原琢也,二川浩樹,牧平清超 日本補綴歯科学会 H21 年度関西支部・中国四国支部合同学術大会11.14-15
  • 「口腔由来乳酸菌株による mutans streptococci および Candidaの阻止作用」檜山あや,二川浩樹,牧平清超,三村純代,高本祐子 日本補綴歯科学会 H21 年度関西支部・中国四国支部合同学術大会11.14-15
  • 「市販人工唾液の抗菌性と物性評価」石井仁美,二川浩樹,牧平清超,河原和子,笹原妃佐子,里田隆博,穂垣幸枝 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「DLC コーティングしたチタンが骨分化に与える影響」岩田 慧,牧平清超,二川浩樹,鴨居浩平,高萩隆行,岡本圭司 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「市販人工唾液の抗菌性と物性評価‐その2‐」大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,里田隆博 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「チタンイオンはLPS によるヒト歯肉線維芽細胞のCCL2 発現を増強する」岡崎昌太,牧平清超,二川浩樹,首藤崇裕,峯 裕一,高本祐子,山口 裕 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「チタンイオンとリポ多糖が歯肉上皮細胞に与える影響」鴨居浩平,牧平清超,二川浩樹,岩田慧,里田隆博,村山 長 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「JH8194固定化チタンによるMC3T3-E1細胞のALPase活性への影響」首藤崇裕, 牧平清超, 二川浩樹, 峯 裕一, 岡崎昌太, 高本祐子, 山口裕 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「固定化抗菌剤の抗カンジダ作用の評価」高山幸宏,高本祐子,鴨居浩平,二川浩樹,牧平清超. 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 「脱落したインプラント体の表面解析」峯 裕一, 牧平清超, 二川浩樹, 岡崎昌太, 高本祐子, 山口 裕, 首藤崇裕 第31 回日本歯科技工学術大会11.22-23
  • 今利直也, 牧平清超, 二川浩樹, 首藤崇裕, 岩田慧 市販歯磨剤がチタン表面性状に与える影響 日本口腔インプラント学会第27回九州支部学術大会 (H22)2010.2.27-28, 福岡
  • 峯 裕一,牧平清超,二川浩樹,山口 裕,岡崎昌太,河原和子:RANKLに依存した7細胞の成熟破骨細胞への分化過程におけるNa+/H+ exchanger 10の役割 日本組織培養学会第83回大会 H22.05.20-21 岡山大学 岡山
  • 峯 裕一,牧平清超,二川浩樹,山口 裕,岡崎昌太:顎堤骨吸収におけるNa+/H+ exchanger 10の関与 社団法人日本補綴歯科学会第119回学術大会22.06.11-13 東京ビッグサイト東京
  • 山口 裕, 牧平清超, 峯 裕一, 岡崎昌太, 二川浩樹 周期性伸展刺激が骨芽細胞と破骨細胞の分化に与える影響 社団法人日本補綴歯科学会第119回学術大会22.06.11-13 東京ビッグサイト東京
  • 石井仁美,大倉恵美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏:市販人工唾液の抗菌性評価平成22年度社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部総会・学術大会22.08.29 高松
  • 岩田 慧,牧平清超,二川浩樹,高萩隆行,岡本圭司,熊谷 宏,首藤崇裕,峯 裕一:Biomimetic DLC処理したチタンが骨芽細胞と破骨細胞の分化に与える影響:平成22年度日本歯科補綴学会中国・四国支部学術大会 22.08.29 高松
  • 大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏:市販人工唾液の物性評価 平成22年度日本歯科補綴学会中国・四国支部学術大会22.08.29 高松
  • 片渕由扶子,木原琢也,牧平清超,二川浩樹,熊谷 宏:総義歯の重合変形に関する研究 平成22年度社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会22.08.29 高松
  • 木原琢也,二川浩樹,下江宰司,村山 長,里田隆博,牧平清超,玉本光弘,笹原妃佐子,河原和子,熊谷 宏:三次元形状データを用いた歯型彫刻作品の客観的評価 平成22年度社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部総会・学術大会 22.08.28-29 高松
  • 新川美那子,二川浩樹,小原 勝,牧平清超,河原和子: ゾウザメゲノム情報とヒトの歯関連遺伝子のbioinformatics解析平成22年度社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会22.08.29 高松
  • 平松美菜子,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,牧平清超,二川浩樹,熊谷 宏:ハイドロキシアパタイトの抗菌化のための洗口剤の試作平成22年度社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会22.08.29 高松
  • 諸岡英里,石井仁美,柚下香織,平松美菜子,高本祐子,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏,栗原英見:お茶ゼリーのテクスチャー解析および抗菌性・官能評価 日本防菌防黴学会第37回年次大会09.28-29 開催地?
  • 木原琢也,片渕由扶子,二川浩樹,牧平清超,熊谷 宏:総義歯の重合変形に関する研究 第56回日本歯科理工学会学術講演会22.10.09-10 鹿児島
  • 岡村美菜子,小原 勝,二川浩樹,牧平清超,河原和子,新川美那子:塩基性繊維芽細胞増殖因子のcDNAクローニングと大腸菌での発現 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 片渕由扶子,田口香織,木原琢也,牧平清超,二川浩樹:総義歯の重合変形に関する研究 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 木原琢也,下江宰司,二川浩樹,牧平清超,村山 長,里田隆博,玉本光弘,笹原妃佐子,河原和子,熊谷 宏:三次元形状データを用いた歯型彫刻作品の客観的評価-主観的評価との比較- 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 新川美那子,二川浩樹,小原 勝,牧平清超,河原和子: ゾウザメゲノム情報とヒトの歯関連遺伝子のbioinformatics解析 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 平松美菜子,高本祐子,石井仁美,大倉恵美,牧平清超,二川浩樹:ハイドロキシアパタイトの抗菌化のための洗口剤の試作 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 諸岡英里,石井仁美,柚下香織,平松美菜子,高本祐子,二川浩樹,牧平清超,栗原英見:お茶ゼリーのテクスチャー解析および抗菌性・官能評価 第32回日本歯科技工学会学術大会22.11.06-07 名古屋
  • 石井仁美,大倉恵美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏:市販人工唾液の抗菌性評価 第32回日本バイオマテリアル学会大会22.11.29-30 広島
  • 大倉恵美,石井仁美,高本祐子,高山幸宏,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏:市販人工唾液の物性評価 第32回日本バイオマテリアル学会大会22.11.29-30 広島
  • 首藤崇裕,二川浩樹,牧平清超,峯 裕一,西村正宏:口腔インプラントに固定化した新規塩基性抗菌ペプチド(JH8194)の骨増生効果 Part I in vitro 解析 第32回日本バイオマテリアル学会大会 22.11.29-30 広島
  • 高本祐子,高山幸宏,石井仁美,大倉恵美,二川浩樹,牧平清超,熊谷 宏:Candida属の組み合わせがバイオフィルム形成に与える影響 日本バイオマテリアル学会第32回学術大会22.11.29-30 広島
  • 高山幸宏,高本祐子,大倉恵美,石井仁美,二川浩樹,牧平清超,熊谷宏:義歯床用レジンの表面処理による抗菌加工の試み 第32回日本バイオマテリアル学会大会22.11.29-30 広島
  • 竹田美佳,坂井将典,牧平清超,西村正宏,坂井裕大,首藤崇裕,峯 裕一,岩田慧,今利直也,末廣史雄,二川浩樹,辻紘一郎:口腔インプラントに固定化した新規塩基性抗菌ペプチド(JH8194)の骨増生効果 Part II in vivo 解析 第32回日本バイオマテリアル学会大会 22.11.29-30 広島
  • 坂井将典, 竹田美佳, 牧平清超, 西村昌宏, 坂井裕大, 首藤崇裕, 峯 裕一, 岩田 慧, 今利直也, 末廣史雄, 二川浩樹, 辻 紘一郎  口腔インプラントに固定化した新規塩基性抗菌ペプチド(JH8194)の大型イヌでの骨結合促進効果 第58回日本実験動物学会総会 東京5.25-27
  • 岡崎昌太, 牧平清超, 峯 裕一, 首藤崇裕, 諸井亮司, 寺田善博, 二川浩樹  メカニカルストレスに対する破骨細胞の反応にカルシウムの流入が関与している  日本補綴歯科学会第120回記念学術大会 広島   5.20-22
  • 峯 裕一, 牧平清超, 二川浩樹 Na+/H+交換輸送体(NHE10)は破骨細胞前駆細胞の融合に関与している 第29回日本骨代謝学会 学術集会   7.28-30 大阪
  • 首藤崇裕 牧平清超 峯裕一 二川浩樹 寺田善博 抗NHEモノクローナル抗体を固定化したチタンが破骨細胞と骨芽細胞の分化に与える影響 第33回日本歯科技工学会学術大会 2011年10月1-2日
  • 峯 裕一, 牧平清超 河原和子, 田地 豪, 里田隆博, 村山 長, 二川浩樹 広島大学歯学部口腔保健学科における組織培養実習3年間の報告  第33回日本歯科技工学会学術大会 2011年10月1-2日 東京
  • 富山結布, 檜山あや, 田地 豪, 河原和子, 妃佐子, 牧平清超, 二川浩樹 乳酸菌Lactobacillus rhamnosus由来のバクテリオシンが口腔細菌に及ぼす影響  第33回日本歯科技工学会学術大会 2011年10月1-2日
  • 岡村美菜子, 小原 勝, 牧平清超, 河原和子, 田地 豪, 佐々木正和, 二川浩樹 塩基性線維芽細胞増殖因子のcDNAクローニングと大腸菌での発現 第33回日本バイオマテリアル学会大会 11.21-22 京都
  • 首藤崇裕 牧平清超 和智貴紀 二川浩樹 寺田善博 「インプラント体周囲の骨吸収への金属イオンの関与」 日本口腔インプラント学会第29回九州支部学術大会 2012年1月21-22日 宮崎 (ポスター発表)
  • 峯 裕一,牧平清超,首藤崇裕,寺田善博,二川浩樹:Na+/H+ exchanger 10を標的とした顎堤骨吸収抑制法の開発 日本補綴歯科学会第121回学術大会 5.26-27 横浜
  • 黒瀬めぐみ,峯 裕一,牧平清超,冨山結布,田地 豪,河原和子,熊谷 宏,佐々木正和,二川浩樹:乳酸菌由来バクテリオシンがPorphyromonas gingivalis LPSによるマクロファージの活性化に与える影響 第121回日本補綴歯科学会学術大会 5.26-27 横浜
  • Yuichi Mine, Yu Yamaguchi, Seicho Makihira, Hideki Tanaka, Miho Kusuda Furue, Hiroki Nikawa Direct and indirect effects of Interleukin-33 on osteoclast differentiation in vitro 2012 World Congress of In vitro Biology U.S.A. H24.6.3-7
  • 峯 裕一,中谷達行,岡本圭司,牧平清超,岩田 慧,二川浩樹:「骨吸収を制御する口腔インプラント開発におけるDLC薄膜コーティングの応用」The 29th International Conference of Photopolymer Science and Technology 6/28(Chiba)
  • 首藤崇裕 牧平清超 和智貴紀 峯裕一 二川浩樹 寺田善博 「金属イオンは骨芽細胞におけるRANKL/OPG比に影響を与える」平成24年度日本歯科理工学会九州支部夏期セミナー 2012年8月17-18日 長崎 (口頭発表)
  • 和智貴紀, 牧平清超,首藤崇裕,峯裕一*,諸井亮司,二川浩樹*,寺田善博 「周期性伸展刺激に対する破骨細胞の反応」 日本補綴歯科学会中国四国・九州支部合同学術大会  2012年9月1-2日 広島県広島市 (ポスター)
  • 首藤崇裕 牧平清超 峯裕一 寺田善博 二川浩樹 「市販洗口剤と歯磨剤がチタンの表面性状に与える影響」第42回日本口腔インプラント学会・学術大会 2012年9月21-23日 大阪  (ポスター発表)
  • 首藤崇裕 牧平清超 峯裕一 和智貴紀 二川浩樹 寺田善博 「抗NHE10モノクローナル抗体を固定化したチタンが破骨細胞と骨芽細胞の分化に与える影響」平成24年度秋期第60回日本歯科理工学会学術講演会(創立30周年記念大会) 2012年10月13-14日 福岡  (ポスター発表)
  • TRAF1由来ペプチドはRANKLに依存した破骨細胞の分化を抑制する〇峯 裕一,牧平清超,首藤崇裕,二川浩樹 日本補綴歯科学会第122回学術大会5.18-19 福岡市
  • 歯槽骨吸収に関する基礎的研究−Interleukin-33が骨芽細胞のRANKL発現に与える影響− 〇峯 裕一,牧平清超,田地 豪,二川浩樹 日本老年歯科医学会第24回学術大会, 2013.6.4-6大阪市
  • 光触媒材料を含有した粘膜調整材の抗菌・抗真菌効果 〇諸井亮司、牧平清超、和智貴紀、寺田善博 日本老年歯科医学会第24回学術大会 6.4-6大阪市
  • チタンイオンとLPSが歯周組織に与える影響 〇和智貴紀, 首藤崇裕, 篠原義憲, 的野良就, 諸井亮司, 栗田賢一, 牧平清超 日本補綴歯科学会九州支部学術大会 8.24-25 佐賀市
  • チタンイオン存在下でLPSが歯周組織に与える影響 〇和智貴紀, 首藤崇裕, 篠原義憲, 的野良就, 諸井亮司, 牧平清超 日本歯科理工学会九州夏期セミナー 8.30-31長崎市
  • TRAF1はRANKL依存性の破骨細胞の分化を抑制する 〇篠原 義憲, 首藤 崇裕, 和智 貴紀, 栗田 賢一, 牧平 清超 第43回日本口腔インプラント学会学術大会(第31回日本口腔インプラント学会九州支部総会・学術大会併催)9.13-15 福岡市
  • インプラント周囲炎に罹患した組織におけるRANKL発現様式◯首藤崇裕,和智貴紀,篠原義憲,的野良就,牧平清超 第43回日本口腔インプラント学会学術大会(第31回日本口腔インプラント学会九州支部総会・学術大会併催)9.13-15福岡市
  • LPSに対するチタン製インプラント周囲組織の反応 ◯首藤崇裕,和智貴紀,牧平清超 平成25年度秋期第62回日本歯科理工学会学術講演会 10.19-20 新潟市
  • Effects of Titanium Immobilized with the Monoclonal Antibody to NHE10 on the Differentiation of Osteoclastic and Osteoblastic Cells Takahiro Shuto, Takanori Wachi, Youko Katayama and Seicho Makihira The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration July 4-5, 2014 Sapporo, Japan (Poster Presentation)
  • Analysis of Titanium Elution from the Implant Surface Takanori Wachi, Takahiro Shuto, Yoshinori Shinohara, Yoshihiro Terada, Seicho Makihira The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration July 4-5, 2014 Sapporo, Japan (Poster Presentation)
  • ラット実験モデルを用いたインプラント周囲粘膜炎の解析 首藤崇裕, 和智貴紀, 片山洋子, 篠原義憲, 的野良就, 諸井亮司, 牧平清超 日本補綴歯科学会第123回学術大会 2014年5月24-25日 宮城県仙台市(ポスター発表)
  • インプラント体表面からの溶出チタンの検討 和智貴紀, 首藤崇裕, 中村優介, 的野良就, 篠原義憲, 諸井亮司, 牧平清超 2014年5月24-25日 宮城県仙台市 (ポスター発表)
  • 動物モデルを用いたチタン製インプラント周囲組織中のチタンに関する解析 和智貴紀,首藤崇裕,的野良就,諸井亮司,牧平清超 日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー 8.8 鹿児島市 (口頭発表)
  • TRAF1由来ペプチドの破骨細胞分化および骨吸収に対する抑制効果の解析 首藤崇裕, 和智貴紀,的野良就,二川浩樹,牧平清超 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 2014年9月12-14日 東京都(ポスター発表)