妊娠性歯肉炎

妊娠性歯肉炎

妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが

歯周病の原因菌を増やします。

また、エストロゲンは炎症を起こす物質を刺激して

炎症を起こしやすくします。

このため、妊娠すると歯肉炎にかかりやすいのです。

特に妊娠後期に起こりやすくなります。

歯肉炎ですので、基本的にはプラークコントロールをしっかりして

口の中を清潔に保てば歯肉炎にはならないか、なっても軽くてすみます。

妊娠中は大変だからほどほどのプラークコントロールということになると、

出産後に歯を支えている骨が溶ける歯周炎へと悪化することもあります。

 

大変だと思いますが、妊娠中は特に歯石取り、

歯面のPMTC(専門的な歯の表面研磨)を歯科医院で受け、

自宅でのプラークコントロールをしっかりと行い、

妊娠性歯肉炎を予防しましょう!

 

当院では保険でできるPMTC(専門的な歯の表面研磨)という処置で、

バイオフィルム(細菌のコロニー)を除去し、

妊娠性歯肉炎の予防のお手伝いをさせていただきます。

 

 

福山市の福山駅から徒歩5分の歯医者—妊娠性歯肉炎と感じたら

まきひら歯科クリニック

 

歯科, 小児歯科(こども歯科), 歯科口腔外科,

審美歯科, 訪問歯科, 入れ歯, 顎関節症,

歯ぎしり, 歯周病, 虫歯, 知覚過敏症,

ホワイトニング

〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ネット予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/

診療時間:

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00 

土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30