被せ物の下の土台の種類 (神経を取った歯の土台)

被せ物の下の土台の種類 (神経を取った歯の土台)

  • HOME
  • ブログ
  • 被せ物の下の土台の種類 (神経を取った歯の土台)

被せ物の下の土台の種類 (神経を取った歯の土台)

 

コア(土台)

神経を失った歯の根に土台を立てることを支台築造と言い、

その土台のことをコアと呼びます。歯を削った量が多く、

被せ物を被せることが難しい場合に、

コアを入れることで被せ物による治療ができるようになります。

 

——-土台の種類——-

 

ファイバーコア

直径約1015mmのガラス繊維を束ねてレジンで固めたものです。

強度、柔軟性があり自然な歯に近い色のコアを製作できます。

製作方法

患者さんの口の中で製作する直接法と、

患者さんの歯の模型上で製作する間接法の二つの制作方法があります。

神経を失った歯の根に棒状のファイバーポストを挿入し、

その周りにレジンを盛り上げコアの形を製作します。

長所 ファイバーコアは、歯と似たような硬さであるため、

強い力がファイバーコアにかかっても、歯を傷めることが少ないです。

また金属を使用しないため、

上に被せ物を被せた場合に透けて見えることがありません。

短所 メタルコアと比較して高額です。

保険適応でファイバーコアを使用することもできますが、

適応条件が限られるため全員に提供できるわけではありません。

 

メタルコア

銀合金を使用して製作するコアです。

製作方法

患者さんの歯型から歯の模型を作り、

模型上でワックス(蝋)を使用して目的の形を製作します。

出来上がったワックスは埋没材という耐火性の材料に埋め、

その後高温で熱してワックスを焼却します。

埋没材の中の空間に溶かした銀合金を流し込むことで、

ワックスと同じ形のメタルコアを製作します。

 

 

長所

保険適応で、費用をおさせて治療することができます。

短所

歯と比べ金属は硬い材料であるため、

硬いものを噛むなどして強い力がかかると

コアの周囲の歯の根が割れてしまうことがあります。

また、上に被せ物を被せると、

金属色が透けて見えてしまうこともあります。

 

 

 

福山市福山駅南口から徒歩5分の歯医者

虫歯治療のことなら

まきひら歯科クリニックへ

 

歯科, 小児歯科(こども歯科), 歯科口腔外科,

審美歯科, 訪問歯科, 入れ歯, 顎関節症,

歯ぎしり, 歯周病, 虫歯, 知覚過敏症,

ホワイトニング

〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ネット予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/a

診療時間:

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00 

土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30

休診日: 日祝日 木曜日午後

駐車場:提携駐車場多数(無料)

福山市福山駅南口から徒歩5分の歯医者