顎関節症治療(保険治療)時のスプリントの種類
  • TEL084-961-3957

    〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21-101

    TEL:084-961-3957
  • ネット予約ネット予約

顎関節症治療(保険治療)時のスプリントの種類

  • HOME
  • ブログ
  • 顎関節症治療(保険治療)時のスプリントの種類

顎関節症の治療を行う際にスプリント(マウスガードのようなもの)を製作し、患者さまに使用していただくことがよくあります。

顎の状態を改善するためによくされる一般的な方法です。もちろん使用するには診断が必要です。

保険治療で認められていて、そのスプリントの名称を保険用語では、最近、口腔内装置と呼ばれるようになりました。

「口腔内装置1」は、

義歯床用アクリリックレジン樹脂(硬いプラスティックのような素材)により製作されたもので、

咬合関係(かみ合わせ関係)が調整されたものです。

 

「口腔内装置2」は、熱可塑性シート(アクリリックレジンほど硬くない既製品のシート)等を

歯科技工用成型器により吸引・加圧して製作、

または、型取りして作った模 型に直接常温重合レジンを圧接して製作された口腔内装置で、

咬合関係(かみ合わせ関係)が調整されたものです。

 

「口腔内装置3」もありますが、咬合関係(かみ合わせ関係)が付与されていないもののため顎関節治療には

あまり用いられないと思います。

 

歯科医師は、診断後、患者さまの顎関節症の状態によって、上記の適応を選択します。

また口があきにくい、顎が痛いなどはかみ合わせだけではなく、不適切な顎の開け閉めなど様々な要因があります。

顎関節症でお悩みのかたはお気軽にご相談ください。

 

福山市の福山駅から徒歩5分の歯医者—顎関節症のことなら

まきひら歯科クリニック

歯科、小児歯科、歯科口腔外科

広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ウェブ予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/

診療時間:

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00 

土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30

休診日: 日祝日 木曜日午後