治療した部分はさらに虫歯になりやすいですか?

治療した部分はさらに虫歯になりやすいですか?

  • HOME
  • ブログ
  • 治療した部分はさらに虫歯になりやすいですか?

そうです。

治療した部分はさらに虫歯になりやすいです。

そのために予防歯科が重要です。

 

Keyesの3つの輪というものがあります。

虫歯発症の要素は、プラーク、食事、歯の3つを唾液が取り囲むというものです

  1. 食事とは食事摂取のことであり、規則正しい回数、だらだら食いにならないなどの注意が必要です。
  2. プラークとは、プラークが除去しにくい場所が要注意ということです。
  3. そして、歯とは、もちろん歯がなければ虫歯にはなりませんが、治療した部分はさらに虫歯になりやすいということです。

唾液が流れにくいところには虫歯ができやすいです。

唾液の役割は非常に重要で、唾液は虫歯を防ぐ強い味方です。

食事、プラーク、歯というこれらの3つの要素と唾液は密接に関係しています。

 

治療した部分については、歯科医師と相談しながら管理し、少しでも虫歯が再発しないように

心がけていきましょう。

フッ素も有効な手段です。もちろん過剰な摂取や取り込みは禁忌です。

フッ素については歯科医師に相談しましょう。

 

福山市の福山駅から徒歩5分の歯医者

まきひら歯科クリニック

広島県福山市三之丸町7-21101

電話予約: 084-961-3957

ウェブ予約apodent (外部サイト)

https://v2.apodent.jp/app/entry/707/mkhrdc/

診療時間 

平日 9:30-13:00, 14:30-19:00  土曜日 9:30-13:00, 14:00-17:30

休診日 

日祝日 木曜日午後